【ブログでアドバイス】マイホームの土地探しもう疲れました【対処法あり】

こんにちは阿部です。

ひよっこ
マイホームの土地探し疲れたよ。ネットで検索しても全然いいのにめぐり合えない。マイホームもう諦めるしかないのかな

土地が決まらないと焦るし疲れますよね。

私の場合マイホーム建築予定地はあったのですが貸家が建っており立ち退き&解体が必須でした。

ところが立ち退きが1年半~2年停滞。

諦めて土地を探したことも。

先行き不透明で本当に疲れました。

でも結果的には、満足するマイホームを建てられました。

あなたもきっと今大変な時期なんですね。

これまでの時間は好転していくために必要な箸休め期間です。

そう思って一休みしましょう。

このブログでは土地探しに疲れているあなたにお伝えしたい対処法をまとめました。

【ブログでアドバイス】マイホームの土地探しもう疲れました【対処法】

土地を探すほど見つからない不思議

意外と血眼になって執着すればするほど希望するものは出てこないものです。

【無くしたものが忘れた頃に出てくる】なんてこと誰でも経験ありますよね?

何事にもタイミングってあると思います。

マイホームの土地が見つからないのはとても辛いですが理想の土地に巡り合うタイミングがまだ訪れていないだけ、そう思って一旦リセットしてみてましょう。

土地探しから離れる時間も大切

子供と思いっきり遊んでみた

土地探しが長引くとお子さんがいる方は遊ぶ時間が削られますよね。

私達もそうでした。

打ち合わせや土地探しに家族の時間が削られます。

お子さんとも遊びにいけずストレスになりますよね。

そうなると家族関係もギクシャクして悪循環。

一度土地探しを忘れて家族と思いっきりはねを伸ばしてリフレッシュするのも大切です。

あなた自身も労わりましょう

パソコンで土地探しをしていると今度こそ良い物件があるかも?と目が離せませんよね。

お気持ち分かります。

でも貴方自身を癒す時間も大切です。

家事や育児、お仕事でお疲れで土地も見つからないとイライラしがちです。

これもよくありません。

たまには美味しいものでも食べてリラックスです。

体の疲れをほぐして「心の疲れ」も癒しましょう。

土地探しに疲れた・・・根本の原因は?

少し休息したら疲れている原因を見つめなおすのも一つです。

1人で頑張りすぎているから

もしかして1人で頑張りすぎているのが原因では?

妻が、または夫がまったく手助けしてくれない。

私はこんなに頑張ってるのに・・・。

あなたがどれだけ疲れているか意外とパートナーは気づいていないのかも知れません。

時に思いをぶつけるのも大事です。

また私ばかりと思う時は「パートナーは何をしてくれているのか探してみましょう」

例えばあなたが夫なら「奥様は保育所関係の準備をいつもしてくれている」あなたが妻なら「ゴミ出しは夫がいつもしてくれている」

視野が狭まると嫌なところを探しがちですが冷静に考えてみるとお互い助け合っているものですよ。

不安が不安を呼ぶ

真面目な人ほど色々と不安に悩まされます。

例えば、このまま土地が見つからないと

  • ローンの支払いが厳しくなるかも知れない
  • 金利が上がって支払いが厳しくなるかも知れない
  • 子供の小学校入学まで間に合わないかも知れない
  • 子供が入学に間に合わないと転校?ちゃんと学校に馴染めるだろうか
  • 一ヶ月の支払いがきつくなると将来生活していけるだろうか

悩みはつきないですよね。

でも実際に今起きているのは「土地が見つかっていない」ことだけです。

それ以外の悩みは「今現在起きていません」。

将来に備えることは大事ですが「まだ起きていないことに今悩む」のは心を疲れさせるだけですよ。

どうせ悩むなら「今」に集中して「将来に向けて今どうあるべきか・どうするべきか」考えるほうが有意義です。

土地探しに疲れた時の対処法

一度リセットして今後の方針を見直しましょう。


土地探しを諦める

長い期間探してもしっくりくる場所が見つからない、予算的に無理があるというなら土地探しを諦めるという選択肢もあります。

注文住宅に強いこだわりが無いのではあれば建売住宅を視野に入れて検討するのもありです。

またハウスメーカー分譲地のモデルハウスを最終的に建売として払い下げることもあります。そういうところを当たるなども検討の余地ありです。

条件を見直して土地探しを続ける

もし正しい方法で土地探しを続けてきてもご家族が希望する土地にめぐり合えないのなら「条件を見直す」ことも視野にいれざるを得ません。

基本的に土地に「掘り出し物」はありません。

路線価によって土地の相場は決まっているから相場より異常に安い場合は必ず何かがあります。

例えば水道を自力で引かなくてはいけない、鉄骨の建物を解体しないといけない、再建築不可など。

結局予算を上げるか、予算内に条件を絞りこむしか方法はありません。

例えば条件も考えようです。

  1. 区画整理された分譲地がいい⇒同世代の付き合いが面倒
  2. 接道は南がいい⇒路面からリビングに視線を感じる

結局トレードオフです。

1つで満足すれば1つが犠牲になる。

昔から言いますよね。

住めば都。

私の土地は南の隣家との距離が狭いのが難点なんです。

でも担当の設計士さんが上手に光が入るようにつくってくれたのか?そのお陰で日当たりには問題ないです。

分譲地は綺麗でいいなと憧れましたが煩わしい人付き合いは面倒ですし近隣住民とうまくやっているので今の土地・マイホームが気にっています。

土地の探し方を変えて続ける

もしあなたがスーモやホームズだけで土地探しをしているなら「売れ残りばかり」見ている可能性大です。

私も最初はスーモやホームズ、ニフティ不動産などを見ていれば良い物件がでてくるに違いない!そう思って思っていました。

でもこれは大間違いですよ。

もしポータルサイトの情報をもとに土地探しをしているならやり方を変えましょう。

詳細はコチラにまとめています。

【abeん家のマイホームブログ】土地探し⇒非公開物件はこうしてGETする!

【ブログ初公開】マイホームの土地探し⇒非公開物件はこうしてGETする!

2019年1月22日
家づくりの全てが分かるブログ記事を集めました

【abeん家のマイホームブログまとめ】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA