マイホームトラブル発生!外壁違いますけど?!

こんにちはあべです。

今回は前回に引き続きマイホーム完成までに起きたトラブルシリーズです。

今回は「外壁トラブル」のお話です。

マイホームトラブル発生!外壁違いますけど?!

マイホームの建築も無事に進みがいよいよ外壁を貼る段取りに入りました。


うちの外観はこんな感じです。

打ち合わせで外壁の上下貼り分けに悩んでいた

外壁の2色は「ルミナードロンテナチュラルホワイト」&「シュクールビター」の白と茶2色に決まっていました。

悩んだのは1階を白にするか茶にするかでした。

  • 一階が茶色だとどっしり見える
  • 一階が白だと明るく見える

とアドバイスをもらい夫婦で悩みました。

マイホームの敷地は南側隣家と距離がわりと近いので出来るだけ明るいリビングにしたかったんです。

そこで「明るさ」を重視して「一階は白」をセレクトしました。

一階が茶色で施工が始っていた

週1の休みは必ず現場に顔を出すようにしていました。

また、夏場は仕事帰りに現場によって進み具合を見たり。

そんなある日のことです。

ちょうどお休みで午前中に現場を訪れてみました。

おーやってるやってる・・・な。

ん?!

一階に茶色を張り始めているじゃないですか。

混乱する私。

えー、俺を茶色でお願いしたかな・・・。

嫌夫婦で相談して打ち合わせで「より明るいリビングにしたいから一階は白でお願いします」と話した記憶がしっかりある。

ちょうど現場監督さんが現地にいたので。

すみません。

「色上下逆になってます・・・」

現場監督さん驚愕

すぐさま外壁屋さんに作業ストップを依頼する。

「今すぐ(担当の設計士さんに)確認してみます」

凍りつく現場(笑)

外壁屋さんもスケジュールあるだろうし大変だろうな・・・。

とりあえず現場に差し入れ予定だったリポビタンD(10本入り)を開封して一本づつ差し上げる。

なんかすみません。

とても気持ちのいい外壁屋さんで「大丈夫です、ありがとうございます」

・・・

長い電話が終わる。

すみません確認しました、やり直します。

我が家的には直してもらえればそれでOKです。

でも外壁屋さん大変だったでしょうに。

お疲れ様でした。

でも外壁全部貼り終わった後に現場に行っていたら大変なことになるところでした。

時間が取れる方はできるだけ頻繁に現場に顔を出すことも大事ですよ。

マイホームトラブルを未然に防ぐコツを体験からまとめました

マイホームトラブルを未然に防ぐコツ【まとめ】

家づくりの全てが分かるブログ記事を集めました

【あべんちのマイホームブログまとめ】