【PR】当ブログはサーバー維持管理費用・取材費用等捻出のためアフィリエイト広告・Googleアドセンス広告を利用しています。

マイホーム計画の始め方

【ハウスメーカー営業マン】若い新人担当者のメリット&デメリット【店長クラスもデメリットあり】

こんにちはアベです。

家づくりに悩んでいる女性
ハウスメーカーにこれから資料請求しようと思うんだけど店長が担当することはあるの?営業マンが新人だったり若い人だと不安だわ・・・

こんな疑問にお答えするためにハウスメーカーで17年間営業に従事したS様にインタビューしました。

S様のプロフィール

【職歴】
大学卒業後、住宅メーカーで2023年3月までの約17年間新築住宅営業に従事。
在籍中は、200組超えの新築住宅の受注。
現在は、不動産アドバイス事業を行っております。

【保有資格】
・宅地建物取引士

※クラウドワークスプロフィールより引用

【ハウスメーカー営業マン】若い新人担当者のメリット&デメリット【店長クラスもデメリットあり】

ハウスメーカーの優秀な営業マンに担当者になってもらうために必要なこと

ハウスメーカー営業マンとのファーストコンタクトで考えられるのは資料請求・展示場・紹介。

優秀な営業マンほど仕事を抱えているため土日などは打ち合わせに忙殺されており新たに担当してもらうことは難しいのが現実です。

より優秀な営業マンに担当してもらいたいなら平日に資料請求してみると良いでしょう。

直接展示場にいくなら土日を避けることがポイントです。

ハウスメーカーの内情を伺った以下の記事も併せて参考にしてください。

【ハウスメーカー】資料請求で担当者は決まる【優秀な営業マンの見分け方あり】

続きを見る

ハウスメーカーの担当営業マンが新人・若くて不安な場合

あべ
営業マンが新人だったり若いと不安に思う人もいると思うのですがこれについてはどう考えますか?

元ハウスメーカーSさん

どんな優秀な営業マンも新入社員時代、若手時代があったはずです。

若い営業マンならではのメリット・デメリットをお話したいと思います。

若い営業マンのメリット

元ハウスメーカーSさん

新人・若い営業マンのメリットはフットワークの軽さです。

ベテラン営業マンになればなるほど、経験値が増して動きを制限しますが、若手営業マンは分からないことだらけなので、お客様に常に全力で向き合い、前向きで実直です。

組織上の業務量の負荷は決して高く無いため多少のミスは爆発的な行動力でカバーしてくれます。

お客様と同じ目線で、住宅計画を進めていきたい方にはお勧めです。

または、同年代で意見や趣味が合うなど、言いやすい関係を営業マンと築きたい方にも若手の営業マンはお勧めです。

若い営業マンのデメリット

元ハウスメーカーSさん

経験が不足している分、依頼事項に対してのレスポンスの精度が低い場合があります。

それに加えて、世代的な部分かも知れませんが、物事の優先順位や影響力の大小を自分で判断できず、空気が読めない提案や話の流れになることもあります。

せっかちななお客様や、時間があまりない方には不向きな側面があります。

計画があまり進んでないのにも関わらず、会う回数だけ、桁違いに多くなるなど時間に対する生産性を気にするお客様は、相性が悪いのも若手の営業マンの特徴です。

若い営業マンが担当になった時の注意点

元ハウスメーカーSさん

デメリットでもお伝えしたように、話の流れが読めないこと・時間が合理的に使われないなどありますが、一番の注意点は若手営業マンが担当になった場合のサポート体制がどうなるかです。

打ち合わせなどに上司が同席するかどうかが鍵になる場合もあります。

若手営業マンの個人の裁量はほとんどなくその場で確認したいことも持ち帰って確認とならないように、サポート体制の形がどうなるかを確認しておきましょう。

決して、若手営業マンが悪いと言うわけではありません。

若くしてトップ営業マンになられる方もいる点から先ほど話した内容には個人差があります。

若手の発想力を重視したいお客様や、一緒に育てて見守るぐらいの包容力のあるお客様ですと若手営業マンの経験になりますし、何よりそれに気づいた時、お客様に感謝以上の気持ちを返すと思います。

店長が担当者になることはある

あべ
店長クラスに担当になってもらいたいと考える建築主さんもいると思うのですが、店長クラスが担当者になることはあるのでしょうか?

元ハウスメーカーSさん

ハウスメーカーにもよりますが、店長や課長クラスが営業担当になることはあります。

今まで培ってきた経験があり、お客様の質問に対しても無理無駄がなく、安心して住宅の計画を任せられる営業担当でしょう。

店長や課長職になると、組織的な重要ポジションになりますので、お客様との商談や打ち合わせ以外にもたくさんの業務や、組織的行動の管理や、部下の指導など業務過多です。

プレイングマネージャーほど忙しい役職はありません。

体は一つしかありませんから、お客様に対して十分時間を取れているかどうかとなりますので、ベテラン社員や店長、課長職の営業は、営業の都合でなるべくお客様に動いてもらえるようにして無駄を省きます。

あべ
店長クラスの経験値は魅力的ですが、スケジューリング等の面でデメリットもあるのですね。新人にもメリット・デメリットがありますし、相性次第ということでしょうか。どうしても合わない場合は担当者を変えることも可能ですので信頼できる人か良く見極めて判断してくださいね
【ハウスメーカーの営業に不信感】担当者替えの現実を元ハウスメーカー社員が暴露

続きを見る

注文住宅に役立つ無料サービス

【間取りプラン集めに最適】タウンライフ家づくり

年収がいくらでも建てられるハウスメーカーが見つかる。

ローコストから大手ハウスメーカーまで幅広く情報収集できるので、後から「ハウスメーカーをしっかり選べば良かった」なんて後悔を避けることができます。

予算を指定することで無理の無いハウスメーカーから間取りプラン&カタログを容易に取り寄せられます。

※オリジナルの間取りは「詳細に希望を入力する」ことが必要で対応も会社により異なります。

外構屋さん探しに最適

外構屋さん探しって困りますよね。

予算を指定すると地域の外構屋さんを一覧で教えてくれるサービスがタウンライフ外構サービスです。

独自の審査基準をクリアした全国600社以上の優良外構業者さんに簡単に相見積もりが可能です。

保険の窓口インズウェブ

無料で利用できる火災保険の一括見積サービスです。

一度の入力で複数の保険会社から火災保険の見積もりを取ることができます。

同じ金額で保証を充実させたり、逆に同じ保証で金額を節約する手助けになります。

カテゴリー

  • この記事を書いた人

あべ

小学3年生の息子と妻をこよなく愛する中年ブロガー。44歳。 家づくりが楽しくしてブログにしました。 最近では注文住宅経験者にアンケートをとって「後悔しないためのポイント」や「間取り&見積もり」を公開してもらうなど生の声を集めて発信しています。マイホームの後悔を避けるヒント盛りだくさんなのでたくさん見ていってくださいね。 X(旧Twitter)もやってるので「ブログ見ました!」って気軽にフォローしてくくれると嬉しいです!

-マイホーム計画の始め方