【家解体の時の疑問】中のゴミはそのままでもOK⇒節約するなら行政を使おう

こんにちはアベです。

我が家はマイホームを建築するために貸していた古家を解体しました。

家解体の時困ったのが中のゴミの処分です。

解体を依頼した工務店に相談したところ廃棄することは可能であるものの、ゴミの量が多いため処分費用がかなり高額になるとアドバイス。

アベ
ゴミ処理業者を使うか迷いましたが節約のため自力で片づけることに




【家解体の時の疑問】中のゴミはそのままでもOK⇒節約するなら行政サービスを使おう

家を解体するなら誰しも費用は抑えたいですよね。

そこで私が費用を節約した方法を説明していきますね。

家解体の時残しておいていいのは家具類のみ

私は古家を解体して新築しました。

解体する家は貸家でした。

その古家には大量のゴミが。



解体する際家具類、例えばタンスや食器棚などはそのままでも大丈夫でした。

それ以外のゴミ類は全て自分達で処分することにしました。

家解体の時中のゴミを格安で片づけたいなら行政サービスを利用しよう

行政には臨時ゴミというサービスがあります。

アベ
私が住む地域の臨時ゴミを例にご紹介します。臨時ゴミご利用の場合はお住まいの自治体サービスを調べて下さいね。

臨時ゴミの良いところは家の前までごみ収集者が来てくれることです。

私の自治体の利用条件はこんな感じでした。

  1. 日にち指定は可能だが時間指定は不可
  2. ゴミを全て屋外に出しておかなくてはならない
  3. スプリング入りマットレスは引き取り不可
  4. ゴミをまとめる際の袋は何でも良い

費用を節約できたのは良かったですが大変だったことも。

  1. 「9時~12時」という幅広い時間帯でしか予約できず半日拘束された
  2. 近隣への迷惑を考えると事前に多量のゴミを外に出しておきづらいため、早朝から大人数で動く必要性があった
  3. 虫・匂いなど苦痛を伴う
  4. 何日もかけて地道にゴミをひたすら袋につめる作業が必要(当日スムーズに処分するため)

ですが費用が節約できたのはやはり魅力的でした。

アベ
実際にかかった費用を参考までに公開します

家解体の時中のゴミを処分するのにいくらかかった【業者vs自分でやった場合の比較】

業者に依頼した場合の費用

地元の業者に見積もり依頼したところ2tトラック2台は必要と言われ16万弱の見積りでした。

業者さんを使うメリットは以下の通りです。

  1. ゴミを片付ける必要はない。そのままでOK
  2. 家電3品目もそのままでOK(通常リサイクルに出さなくてはいけないが業者が代行してくれる)
  3. 複数人をつれて片付けるのでお手伝いの必要もない

では次に自力でやった時の費用を公開します。

自分でゴミ処理した際の費用

臨時ゴミは基本料(運搬料)がかかります。

私の地域では1000円でした。

あとはゴミ毎に値段が決まっています。

例をあげると

  • ガステーブル 400円
  • 食器棚 1600円(大きさによる)
  • スプリングマットレスベット(3600円)
  • 除湿機 400円
  • 椅子 400円
  • ソファ(2人がけ以上) 1200円
  • 座椅子 400円
  • チャイルドシート 400円
  • 扇風機 400円
  • 自転車 400円
  • 電話台 400円
  • 鏡台 800円
  • デスク 1600円
  • テーブル 400円
  • 仏壇 1600円
  • 洋服入れ 1600円
  • レンジ台 800円
  • ガラステーブル 1200円

今回の場合、粗大ゴミだけで22600円になる計算です。

その他、家庭ゴミや、衣類、瀬戸物などは1kg26円での計算でした。

ただしスプレー缶はしっかり穴を開けてガスを抜いておくなど、細かい点を指摘されます。

ただしあまりにゴミの量が多い場合は面積で計算されます。

うちのケースもいちいち計算できないので面積で計算され総額29600円でした。


このように玄関先までゴミ収集車が来てくれるので後はひたすら依頼主も一緒に投げ込みます。


なお「スプリング入りのマットレス」は同時に引き取ってくれません。

スプリング入りのマットレスは一枚2000円で清掃公社に自分で持ち込み処分しました。

家電4品目に注意

家電4品目は臨時ゴミでは回収してくれませんので家電量販店などに持ち込まなくてはいけません。

我が家の場合「冷蔵庫×2」「洗濯機」が該当しました。

2つのうち一つ目の冷蔵庫は型番やメーカー名の記載がありスムーズでした。

問題はコチラの冷蔵庫です。ふたが無いため品番が分かりませんでした。


ヤマダデンキに相談すると親身に対応してくれて「品番不明扱いで引き取り可能」とのことでした。

アベ
洗濯機は一台4360円でした。お店からリサイクルセンターへの運搬量1100円が含まれていました。同様に品番不明扱いの冷蔵庫はリサイクル料は5195円でした。結局総額は5万円弱でした。

業者に依頼する際の注意点

自力で片づけてみて虫や匂いは正直きつかったです。

汚れた洗濯機をリサイクルに回すためマイカーに積むのも抵抗がありました。

幸いにも人数を動員できたので自力で片づけることができましたが費用をかけられるなら依頼していたでしょう。

  • 虫が苦手
  • まとまった時間が取れない
  • 汚いものを触りたくないし車を汚すのも嫌
  • 人数を動員できない

そういう人は解体業者に相談するかできるだけ費用を節約するなら清掃業者に見積もりを依頼しましょう。

清掃業者の中にはゴミ処理と併せて買取もしてくれる業者も。

貴金属などがあれば併せて買取してくれるので片付け費用を節約することができます。


ニュース等で話題になった七福神は見積もり後に追加請求が無いと明示している業者で不用品の買取も行ってくれます。

高齢の一人暮らしのおばあちゃんに女性スタッフを派遣するなど細かい配慮をしている会社ですから近隣への配慮も安心ですね。

\ 大規模・小規模のゴミ屋敷をスピード清掃 /

見積もり無料