【家を解体】ゴミ処理費用はどのくらい?【行政サービスが最安値】

こんにちはあべです。

ひよっこ
家を解体するんだけど、ゴミ処理ってどうしたらいいのかな?

そのままにしておいてもいいの?それとも片付けないと駄目?

費用はどのくらいかかるのかその辺も知りたいな。

この記事の内容

家を解体する時どこまで片付けるべきか

業者に依頼する時の費用vs行政に依頼する時の費用

行政サービス利用の仕方とメリット&デメリット

おすすめの清掃業者

※ ⇒ 【買取アリ】ゴミ屋敷バスター七福神【無料見積り】 ゴミ屋敷を自力で片付けるのは金銭的負担が少なくおすすめです。しかし匂い・虫の問題や、時間・労力の消費を考えれば業者に依頼するのもありかもです。見積りは無料で「買取」を併せて行う業者なら経済的負担も最小限です。

【家を解体】ゴミ処理費用はどのくらい?【行政サービスが最安値】

家を解体する際のゴミ処理

私は古家を解体して新築しました。

解体する家は貸家でした。

その古家には大量のゴミが。



古家の解体は工務店に依頼していました。

解体業者が搬入するゴミは全て「産業廃棄物扱い」となります。

そのため解体費用を節約するためできるだけ自分達でゴミ処理することにしました。

どこまで掃除するべきか?

家具類、例えばタンスや食器棚などはそのままにしておきました。

それ以外のゴミ類は全て自分達で処分しました。

費用をできるだけ節約するために私が利用したのは行政サービスの「臨時ゴミ」と呼ばれるものです。

解体に伴うゴミ処理は行政サービスが最安値

行政には臨時ゴミというサービスがあります。

あべ
私が住む地域の臨時ゴミを例にご紹介します。臨時ゴミご利用の場合はお住まいの自治体サービスを調べて下さいね。

臨時ゴミの良いところは家の前までごみ収集者が来てくれること。

利用の条件です。

  1. 日にち指定は可能だが時間指定は不可
  2. ゴミを全て屋外に出しておかなくてはならない
  3. スプリング入りマットレスは引き取り不可
  4. ゴミをまとめる際の袋は何でも良い

地域により違いはあるでしょうが、行政サービスなのでだいたい似たようなものでしょう。

臨時ゴミのメリット&デメリット

臨時ゴミのメリットは費用が安いこと。

一方デメリットは

  1. ご近所への迷惑を考えると事前に玄関先にゴミを出しておけない=早朝から大人数で動く必要性がある
  2. 「9時から12時」など幅の広い時間帯でしか予約できないため半日拘束される

点ですね。

ゴミ処理費用の見積り

最初はあまりのゴミの量に圧倒されました。

しかもゴミの中には「生ごみ」などもあり「匂い・虫」なども。

そこで、業者さんに見積りを取りました。

2tトラック2台は必要と言われ16万弱の見積りでした。

業者さんの説明によると

  1. ゴミは片付ける必要はない。そのままでOK
  2. 家電3品目もそのままでOK(通常リサイクルに出さなくてはいけないが業者が代行してくれる)
  3. 複数人をつれて片付けるのでお手伝いの必要もない

とのこと。

揺れました。

でも私達は解体する前に「立ち退き料」も支払っていたんです。

解体後は新築費用もかかります。

できるだけ費用を節約したいため臨時ゴミを利用しました。

ゴミ処理費用の目安

臨時ゴミは基本料(運搬料)がかかります。

私の地域では1000円でした。

あとはゴミ毎に値段が決まっています。

例をあげると

  • ガステーブル 400円
  • 食器棚 1600円(大きさによる)
  • スプリングマットレスベット(3600円)
  • 除湿機 400円
  • 椅子 400円
  • ソファ(2人がけ以上) 1200円
  • 座椅子 400円
  • チャイルドシート 400円
  • 扇風機 400円
  • 自転車 400円
  • 電話台 400円
  • 鏡台 800円
  • デスク 1600円
  • テーブル 400円
  • 仏壇 1600円
  • 洋服入れ 1600円
  • レンジ台 800円
  • ガラステーブル 1200円

今回の場合、粗大ゴミだけで22600円になる計算です。

その他、家庭ゴミや、衣類、瀬戸物などは1kg26円での計算でした。

ただしスプレー缶はしっかり穴を開けてガスを抜いておくなど、細かい点を指摘されます。

ただしあまりにゴミの量が多い場合は面積で計算されます。

ゴミ処理の依頼方法

お住まいの地域により名称が異なりますが

  1. 家庭から出たゴミは「家庭ごみ管轄の清掃公社」
  2. 事業で出たゴミは「公害処理センター」

と管轄が分かれています。

我が家の場合貸家のゴミ=事業ゴミ扱いになるため、公害処理センターへ依頼しました。

実際にかかったゴミ処理費用公開&掃除の様子

早朝家族で現地入りしせっせとゴミの詰まった袋を外に運び出す作業。

※もちろんこの日より前に何日もかけて地道にゴミをひたすら袋につめる作業があったことは言うまでもありません。

ゴミ収集車が到着。

二人のうち一人は、まだ慣れない人のようで表情がこんな感じΣ(゚д゚;)

もう一人は、ベテランのようで、別に驚くことなく、「量が多いから、一個一個計れないので、面積で算定します」

とのこと。結果総額29600円でした。

オッ、安い。助かったぁ。

想定より安くついて安堵しました。


このように玄関先までゴミ収集車が来てくれるので後はひたすら投げ込みます。

息子は、安全な場所からゴミ収集車を眺めて大喜びでした。

ちなみに、最初は、家庭ごみ等の燃えるもの、最後に燃えないゴミを入れていくようです。

あとから、燃えるゴミがでてくると

「もう無いかってさっき、聞いたっぺなぁー・・・」と怒られました(笑)

ゴミ収集車の容量ギリギリでした。全部入ってよかった。


なお「スプリング入りのマットレス」は同時に引き取ってくれません。

また家電4品目はリサイクルに回さなくてはいけません。

スプリング入りのマットレスは一枚2000円で清掃公社に自分で持ち込み処分しました。

ゴミ処理の注意点

家電4品目は臨時ゴミでは回収してくれませんので、自ら近くの家電量販店などに持ち込まなくてはいけません。

我が家の場合「冷蔵庫×2」「洗濯機」が該当しました。

2つのうち一つ目の冷蔵庫は型番やメーカー名の記載がありスムーズでした。

問題はコチラの冷蔵庫です。ふたが無いため品番が分かりませんでした。


ヤマダデンキに相談すると親身に対応してくれて「品番不明扱いで引き取り可能」とのことでした。

あべ
洗濯機は一台4360円でした。お店からリサイクルセンターへの運搬量1100円が含まれていました。同様に品番不明扱いの冷蔵庫はリサイクル料は5195円でした。

このように品番によってリサイクル料は異なります。

解体に伴うゴミ処理「行政に頼むべきか?」「業者に依頼するべきか」

行政に頼む場合

メリット

費用が安いこと。

業者に依頼すれば16万前後のところ、自力で片付けたので5万弱ですみました。

デメリット

  • 人数を要する

私の場合5人動員できたため片付けることができました。少人数だったり女性だけの場合などは重いものの運び出しに苦労するかも知れません。

  • 匂い・虫に注意

生ゴミなどが放置してあると。匂いはもちろん、虫などにも注意です。

  • 日数がかかる

行政サービスを利用する場合事前に「収集車に投げ込みやすいように小分け」する必要があります。

※例えば家具はそのままでもOKですが「衣類・書類」などはまとめた方が楽だからです。

ゴミの量が多いほどこの作業に日数を要します。

  • 家電・マットは別途持ち込む必要性

「冷蔵庫」「洗濯機」などは自力で電気屋・リサイクルセンターなどへ持ち込む必要があります。

汚いゴミをマイカーに乗せるのも正直抵抗がありました。

予算が許すならゴミ処理は業者がおすすめ

人数を動員できて、日数にも余裕があるのであれば行政サービスは費用も抑えられます。

ですが

  • 虫が苦手
  • まとまった時間が取れない
  • 汚いものを触りたくないし車を汚すのも嫌
  • 人数を動員できない

そういう場合は業者に依頼する方が楽かもです。

ゴミ処理業者の選び方

できるだけ金銭的負担を減らすため清掃業者を選ぶなら清掃と併せて買取もしてくれる業者がベスト。

貴金属などがあれば併せて買取してくれるので片付け費用を節約することができます。

また

  • 見積もり後の追加請求が無い清掃業者

を選べば安心です。


こちらのように公式サイトで見積もり後に追加請求が無いと明示している業者は安心ですね。

高齢の一人暮らしのおばあちゃんに女性スタッフを派遣するなど細かい配慮をしている会社ですから、近隣への配慮も◎

解体後新築する場合は、近隣との関係も大事にしたいですよね。

信頼できる業者を選びましょう。

\ 大規模・小規模のゴミ屋敷をスピード清掃) /

見積もり無料

家づくりの全てが分かるブログ記事を集めました

【あべんちのマイホームブログまとめ】