【WEB内覧会】ウォークインクローゼット編⇒奥行き・幅紹介

こんにちはあべです。

ひよっこ
マイホームのウォークインクローゼットってどのくらいスペースを確保すればいいのかな?実際の寸法が知りたい。
ブログの内容

ウォークインクローゼットの奥行き・幅ベストなのは何cm?

実際使ってみた感想

マイホームの収納は入念に計画しました。

実際のうちの寸法も紹介するので「もう少し広めが良いかも」等参考になれば嬉しいです。

【WEB内覧会】ウォークインクローゼット編⇒奥行き・幅紹介

ウォークインクローゼットの間取り

まずはマイホームのウォークインクローゼットの位置を間取り図をつかって紹介します。


ウォークインクローゼットは二階階段フロア・部屋干しスペース&寝室からアクセスできる作りです。

ウォークスルークローゼットとも言えますね。

なぜこの配置にしたのか理由は2つです。

ウォークインクローゼットにドアを2つつけた理由
  1. 通風を確保したかった
  2. ハンギングしたままクローゼットにかけられるように

賃貸時代風通しが悪い家でクローゼット内でカビが生えたことがありました。

そこで風通しが良い作りにしたかったことが1つです。

2つ目は家事負担軽減。

ハンガーにかけたままクローゼットに衣服をかけられるようにすることで畳む手間を省きたかったからです。

ちなみに部屋干しスペースの下は置き畳みにすることで、畳むことが必要な衣類は座って畳めるように配慮しました。

ウォークインクローゼットは対面で2パターン設けたのでそれぞれ紹介します。

ウォークインクローゼットの実例紹介

2段パイプ&1段パイプ仕様のウォークインクローゼット


2段パイプは

  • 200cmの高さに枕棚(その少し下にハンガーパイプ)
  • 100cmの高さにハンガーパイプ

ハンガーパイプは幅30cm分を確保しましたので上下で60cm洋服がかけられます。

奥行きは60cmあります。

有効幅が40cmくらいあるのでニトリのクローゼットケース(幅40×奥行き55cm)がおけます。

【マイホームブログ】クローゼット奥行き60cmで使いたい衣装ケース

2020年9月14日

【マイホームブログ】クローゼット奥行き60cmで使いたい衣装ケース



ニトリのクローゼットケースは重ねることも可能です。

左側のハンガーパイプは高さ180cmの位置に幅60センチ分着丈の長いコートをかけられるようにしています。

参考までに左のチェスターコートはLサイズでロングコートタイプで、右側はMサイズのコートです。それでもニトリクローゼットケース2段重ね可能です。

着丈の長い洋服は夫婦で共有してかけることにしています。

あべ
このクローゼットのパイプ幅は左側「60cm」右側「30cm+30cm」計120cm分確保しています。私は実際に使ってみて問題ありませんでした。ただし職業柄スーツはほとんど着ません。もしスーツをたくさんお持ちの男性の場合厚みもあるので120cmだと少ないかも知れません。スペースに余裕があればもう少し広くとると良いかも知れません。

2段パイプ&稼動棚

次は稼動棚を付けたウォークインクローゼットをご紹介します。


こちらも同様に2段パイプにしました。幅60センチを二段で計120センチ分洋服がかけられます。

左側は有効幅40cmを確保しています。

下段にニトリの衣装ケースを重ねて置くことが出来ます。

稼動棚は妻の鞄などを整理できるように計画しました。

あべ
妻は上下に合計120cm幅でかけられるのと、さらに着丈の長いものは夫婦で共有できるスペースにかけているから問題なかったけど余裕はないです。洋服が多い人はもうすこし幅を広くとるのが無難ですよ。

欲を言えば幅60cmを2段と長い着丈用に60cmを1段の計180cmあれば充分な収納量だったと思います。

ただし、収納を増やすと居住スペースが削られますよね。

限られたスペースを考えると、うちとしては満足なウォークインクローゼットに仕上がりました。

ウォークインクローゼットの最適な幅&奥行きは?

では次に実際マイホーム計画中のあなたのために参考になる寸法を紹介していきますね。

ハンガーパイプ【最適な幅】

奥行きは60cmあれば問題ありません。

問題はハンガーパイプの長さをどのくらい必要か。

標準的には

  • 男性 90cmから120cm
  • 女性 180cm

とされています。

スペースに余裕が無い場合はうちのように2段パイプを使うのもありです。

あべ
ハンガーパイプを二段にすると、クローゼットの幅が90cmでも180cm分洋服をかけられることにります。着丈の長い衣服がかけられないデメリットもあります。

ハンガーパイプ【最適な高さ】

着丈の計算をご紹介しておきます。

  • {(身長-25)×3/4}+10

175cmであれば、122cmくらいの着丈を想定すればよいという計算ですね。

これをもとにハンガーパイプの高さを何センチにすればよいか検討することができますね。

実際、お持ちの着丈が長い衣服が、最長何センチあるか計るのが一番確実です。

布団の収納に必要なスペース

布団を収納するのに必要な幅は120cm、奥行きは70cm程度です。

これは三つ折りにして布団を収納した場合ですね。

実際にお使いの布団を三つ折りにして図ってみると良いですよ。

ダブルとシングル用では若干差がでるはずですから。

一般的な押入れの横幅がだいたい180cmだとすると、もう少し幅を狭くしても布団は収納できるってことになります。

押入れの奥行きも通常80cm程度ですから、10cmくらい狭めても大丈夫です。

あると便利なリビングクローゼット

リビングって小物が集まる場所ですよね。小物置き場を予め確保しておくといつでも綺麗なリビングになりますよ。以下の記事で紹介しています。

マイホームに欲しい【リビング収納&コートクローク】ランドセル置き場あり

【新築にリビング収納⇒大正解】アイデアはコート&ランドセル置き場

2021年4月9日

ウォークインクローゼットの注意点:奥行き80cmは暗い&無駄なスペースが生まれる

一般的な押入れの奥行きは80cmです。

60cmにくらべて20cmも深いことになります。

私は80cmの扉付きクローゼットを利用したことがあります。

その時感じたデメリットは「暗い」「奥のものが出し入れしにくい」点です。

例えば80cmのクローゼットに一般的なクローゼットケース(奥行き55cm)を入れると25cmも余裕があります。

手前に何か置けば奥の物が取り出しにくくなります。

また80cmのクローゼットは奥が深い分暗く感じます。

ということで扉付きのクローゼットは浅くすることをおすすめします。

あべ
ウォークインなど扉が無いクローゼットは通路幅が広い方が使い勝手がいい。あくまでクローゼットに扉を付ける場合です。

80cmの奥行きを活かす方法

奥行き80cmのクローゼットを使う場合「押入れ用」の衣装ケースを使えばOKです。

収納量を最大限に活かせます。