【web内覧会】和室編

こんにちは、あべです。

今回はweb内覧会和室編です。

前回はリビング・ダイニング編をお届けしました。

【WEB内覧会】リビング編⇒狭さを感じない秘訣は2つあった!

【WEB内覧会】リビング編⇒lLDK16畳でも狭く感じない秘訣は2つあった!

2020年5月13日

今回はこのリビングに併設した和室です。

【web内覧会】和室編

広さは6畳です。

和室


この和室の目的は2つあって

  1. 妻の両親のどちらか1人になった時一緒に住める場所を用意するため
  2. 自分達が将来高齢になった時1階で寝起きする部屋を用意するため

です。

そのため4.5畳では狭いので6畳にしました。

あらかじめ押入れも設けているので6畳まるまる使えます。

和室のプリーツスクリーン


昔の和室は襖(ふすま)や障子でした。

賃貸時代もそうでしたが小さい子供がいるとボロボロになるのが目に見えていますよね。

そこでマイホームでは「プリーツスクリーン」を使いました。

これは優れもので左にある紐を引っ張ると下半分がレースになります。

夜はこのように全部下ろして昼間はレースにすることも可能という優れものです。

伝統的な和室ではなく「現代的なモダンな和室」ですので洋室に合うプリーツスクリーンはかっこいいしおすすめですよ。

プリーツスクリーンを含めたマイホームのカーテンについてはこちらにまとめています。

【マイホーム】ブログで知りたい「カーテン&ロールスクリーン」注意点

【WEB内覧会】カーテン&ロールスクリーン編【知っておきたい注意点あり】

2021年3月30日

和室とリビングのつながり

先ほど説明したとおり和室は居室として使うことが目的です。

かといって普段6畳の和室を遊ばせておくのももったいないですよね。

そこで扉を開放あせておけば普段は広く使えるのではないかと想定していたのですが。

実際の写真をご覧下さい。


どうでしょうか?あまりつながりは感じられませんよね。

もう少しつながりを感じれると思っていたのでこれは少し失敗。

マイホームは居室として計画しているため2枚引き戸にしています。

3枚扉にしていたらもう少し開放感が出ていたかも知れません。

もしあなたのマイホームが居室として計画していない場合は扉を設けず畳コーナーにするともっと解放感が得られると思います。

和室作りの参考になれば幸いです。

保管の内覧会会場はこちらにまとめてあります。