【マイホーム・ブログ内覧会】リビング・ダイニング編

こんにちは阿部です。

前回はマイホーム全体の内覧会でした。

【マイホーム・ブログ内覧会】玄関・和室・洗面所・部屋干しスペース

今回はリビング・ダイニング編です。

LDKに配分したのは16畳。狭くないかなぁと不安でした。

結論を言うと16畳は3人家族にはちょうど良い広さでした。

リビング・ダイニングの広さを実感できる写真を掲載しました。

あなたのマイホーム作りの参考にして下さいね。

キッチンは通路幅など詳細は別途こちらにまとめています。

【マイホームブログ内覧会】キッチンの広さどれくらい?通路幅解説あり

【マイホーム・ブログ内覧会】リビング・ダイニング編

縦長のLDK16畳

妻の希望で対面キッチンは必須でした。

我が家のLDKは正確に言うと15.6畳です。

リビング収納を作ったので15.6畳ですが単純にLDKだけだと14畳になります。

我が家はLDKに隣接して和室6畳があります。

和室を設けないなら35坪でもLDK20畳は確保できますよ。

LDK間取り図と寸法


マイホームの間取り図です。

当初はオレンジ枠の14畳でLDKを計画していました。

途中リビングクローゼットとパントリーを作ることでLDK15.6畳になったものの、あくまで収納スペースで居住スペースは14畳なので狭くないかなぁと心配でした。

キッチン側から見た写真をご覧下さい。

LDK14畳キッチン側からの写真


手前の茶色の板はキッチンの手元を見えなくするための立ち上がりです。

この裏側はマガジンラックになっています。

テレビとソファーの距離についてはこちらにまとめてあります。

【マイホームで壁掛けテレビ】ブログで推奨サイズ&位置解説

2021年4月1日

テレビとソファーを結んだ距離は、間取り図の通り畳2枚分の距離です。(360cm弱ほどですね)

テレビを壁掛けにすることで視聴距離が取れたので結構余裕がありますよ。

阿部
55インチのテレビですが店頭で見ると大きすぎる?と心配でしたが、そんなことはなくバッチリでした。私的にはちょうど良いサイズ感でした!もっと大きくても良さそうなくらい。
玄関側からみたLDK16畳のイメージ

 


こちらは玄関側のLDK入り口から見た写真。(136cmの幅がある部分)

この右側にはリビングクローゼットをつくりました。

たった2畳弱のスペースなのですが空間が直線だけでなく斜めに広がることで広々と感じるものですね。

リビングクローゼットの広さ


畳コーナーを設ける場合も空間に広がりがでてよいのかも知れません。

マイホームを計画する際同居も視野に入れてドアを設けた半個室の和室(6畳)にしました。

ですから和室とLDKのつながりはあまり感じられません。

ひよっこ
広々とさせたい時はどうしたらいいのかな?
阿部
2枚引き戸で片側を開放してもあまり空間のつながりは感じられないから広々とさせたいなら扉はやっぱりつけないほうがいいね。

2枚扉をつけると意外と空間が寸断されたので、もし開放感を出したいなら

  1. 3枚扉にして開放部分を広げる
  2. 扉を設けず畳コーナーにする

といった対策が必要かも知れませんね。

独立した部屋として用意したいならうちのように2枚扉にすると空間も区切られて良いと思います。

14畳のLDKの場合はオレンジの線の部分になるのでダイニング椅子の後ろと壁までの通路幅は80cmほど残る計算です。(キッチンの端から壁まで)

それをイメージしやすい写真も用意しました。


間取り図オレンジ線のLDK14畳の場合はこういうイメージになります。右側のリビングクローゼットの凹みが無く真っ直ぐ壁になるイメージです。

阿部
写真だと奥行きが詰まっているように感じるかも知れませんがちょうどよいサイズ感ですよ。4人家族までなら充分だと感じます。和室・脱衣室の扉を開放しておくと1台のエアコンで暖まるのも経済的で良いですよ。

我が家はPCやプリンター用にカウンターを作ってもらいました。

LDKのカウンター

ダイニングテーブル大きさの目安に

我が家のダイニングテーブルは135cm×80cmです。

カウンターは160×40cmです。

このように椅子を引くのにも充分な距離があります。

ただしカウンター側にも椅子を置くと狭いのでカウンター&ダイニングで椅子は兼用にしています。

LDKのpcコーナー


マイホーム完成前は14畳のLDKって狭いかなぁと心配でしたが実際問題ありませんでした。

ldk16畳のマイホームを計画している方は4人家族程度であれば広すぎず狭すぎずのちょうど良い広さですよ。

これから家づくりという方は間取りをよく検討した方がいいですよ。

我が家はたくさんの間取りを取り寄せて各社の良いとこ取りをしました。

例えばリビングクローゼットや動線、書斎などはハウスメーカーのパンフレットを参考にラフプランを自作して設計士さんと詰めました。

ほとんどの人は家づくりは一生に一度のことですよね。

知らなかったというだけで完成してから後悔するのは悲しいことです。

後悔しないためにもたくさんの間取りを集めて取捨選択してあなたのご家族が笑顔で過ごせるマイホームを完成させてくださいね。

では。

【マイホームの資料請求】電話攻勢&訪問営業を回避する方法

2020年10月23日
家づくりの全てが分かるブログ記事を集めました

【abeん家のマイホームブログまとめ】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA