【ミニ書斎】2.4畳画像あり⇒快適な寸法と作り方

こんにちはあべです。

マイホームにミニ書斎を作りました。

引っ越してから1年以上たちますがミニ書斎を作って本当に良かったと思います。

家に1人の時はダイニングテーブルで作業することが多いですが

  • 家族皆がお休みでそれぞれの時間を楽しみたい数時間のひと時
  • テレワークで静かに作業したい時

などにとても重宝しています。

今回はミニ書斎の寸法等も紹介しますので作る時の参考になれば幸いです。

【ミニ書斎】2.4畳画像あり⇒快適な寸法と作り方

これまでは書斎を作るくらいなら「収納」を作る人がおおかったそうです。(展示場で聞いた話)

ですが昨今の経済状況を考えるとこれからは「テレワーク室」を用意する動きも広がっていますね。

私の近隣の建売でもテレワーク室を確保している物件も増えてきました。

かといって広いスペースを確保できない事情がある人も多くいるはずです。

そこでおすすめなのが「ミニ書斎」です。

ミニ書斎の間取り

まずはミニ書斎の位置を把握してもらうために簡単に間取り図を紹介します。

ミニ書斎は2.4畳です。

寝室は当初10畳の予定でした。その寝室を少し削ってミニ書斎を一角に設けました。

実際シングルベットを2台運び込みましたが通路幅も充分確保できたので寝室も問題なしです。

 


①②の方向から見た画像と併せて通路幅なども解説しますね。

ミニ書斎の画像


このように2つ机(カウンター)を作ってもらいました。

右側の机は幅130cm奥行き40cmの作り付けのカウンターです。

奥の机は幅84cm奥行き45cmです。

書斎の通路幅も同様に84cmになります。

 

 


机の奥行きが40cmあるとこのようにA4ノートpcもつかえます。

あべ
通路幅は机の先端から壁までの距離です。デスクチェアを置くスペースが84cmあれば立ち上がるのにも私的には余裕がありました。

③の収納スペースから対面にあたる机との距離は215cmくらいにあるので奥行きも十分でした。

コンセント・TVアンテナケーブル・LANケーブルも引いています。


①から見た図です。

こちら側は扉になっています。

  1. 光漏れ
  2. 音漏れ(pcのタイピング音など)

に配慮し扉にしたのですが正解でした。


こちらは②から見た図です。

こちら側は引き戸にしているため、開放しておけば冷暖房を共有することが可能です。

また書斎コーナーに圧迫感がある時扉を開放しておけるようにと引き戸にしたのですが通路幅が84cmあれば私は圧迫感を感じませんでした。

ミニ書斎のクローゼット


③がクローゼットスペースです。

こちらは一階のリビング収納と同じ寸法で稼動棚をつけてもらっています。

マイホームに欲しい【リビング収納&コートクローク】ランドセル置き場あり

【新築にリビング収納⇒大正解】アイデアはコート&ランドセル置き場

2021年4月9日

これは完成直後の写真で棚板は追加で現在5段ほどにしています。

ここは昔の卒業アルバムや、家族のアルバムなどストックスペースとして使っています。(普段使わないものですね)

本棚にするには深すぎるので収納したいものによって適時調整したい点です。

ミニ書斎のデスク⇒最適な高さは?

本を読んだり、pcを使うのに

  • 疲れないデスクの高さ
  • 疲れない座面の高さ

はとても重要です。

パソコンをする時に机が高すぎると絶対肩がこります。

私は身長166cmで机の高さは65cmにしました。

これに併せて購入したチェアはIKEA製のこちらです。

高さが調整できるのはもちろんですが、色々な椅子に座った結果価格の割に座り心地がよかったのでこれに決めました。

キャスター付きのデスクチェアーですので床を出来るだけ傷つけないタイプの椅子を探しました。

この商品は柔らかい床用に設計されているのも気に入ってこれに決定。

組立は30分程で出来上がりました。少々力がいりますが1人で組立も可能です。

もし机を作りつける場合はこちらを参考に高さを決めると良いですよ。

ミニ書斎の作り方

ミニ書斎のレイアウト案を考える


家づくりにあたって、色々なハウスメーカーのミニ書斎をたくさん見てきました。

我が家のように寝室にミニ書斎を設ける以外に以下のパターンがあります。

  • 独立した書斎案

完全に書斎を確保するタイプです。

面積に余裕があればこれが理想ですよね。

ただし、独立したお部屋にする以上、お部屋としての快適性を考慮する必要があります。

例えば

  • 冷暖房の工夫(エアコンを設置するか?)
  • 日当たり(窓を設けるか)
  • 通風

等を考慮しないといけません。

なおダイニングや脱衣室近くに家事室(家事コーナー)を作る間取りも多く見られますよ。


独立した部屋となると面積に余裕がないと難しいですよね。そこでミニ書斎を選ぶ人も多いのでしょう。

  • 中二階にミニ書斎案

リビング階段の踊り場に設けるタイプです。

このレイアウトが素敵なのは

  • 一階とのコミュニケーションが取れる
  • 適度なプライベート空間が確保できる

点です。

ファミリースペースとしても使えますね。

ただし、階段は空気の通り道のため熱さ・寒さはよく検討する必要がありそうですね。

家族とのコミュニケーションをとりながら半プライベート空間を確保したいい場合にはおすすめです。

  • リビング一角にミニ書斎案

リビングの一角にミニ書斎コーナーを設ければ

  • 家族と距離が近い
  • 冷暖房を共有できる

メリットがあります。

デメリットは

  • プライベート空間を確保しにくい

ことでしょうね。

そこで我が家は35坪の家ですが寝室の一角にミニ書斎を作ることが出来ました。

ハウスメーカーをたくさん見て回りましたが寝室の一角に書斎コーナーをつくるパターンが圧倒的に多いですね。

寝室の一角をミニ書斎にする場合

  • 音(パソコンのタイピング音、テレビなど)

についての配慮が重要です。

寝室で寝ている間にキーボード「カタカタ」「明るい光」が寝室にもれるのは避けたいですよね。

ミニ書斎当初計画案

南側に小窓を設けて採光も確保し光漏れの対策は以下のように検討しました。


建築士さんのご提案でこのように、デスク上部をせり出すようにして、光が漏れないように検討しました。

部屋の上部に少し隙間を設けて、冷暖房の共有も考えました。

ただし気になったのが音ですね・・・。

そして最終的に扉をつけることにしました。

あなたも理想のミニ書斎を作り上げてくださいね。

家づくりの全てが分かるブログ記事を集めました

【マイホームブログ内覧会】

【あべんちのマイホームブログまとめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA