【マイホームの外構工事】費用50万を実現したコツ【ブログで大公開】

こんにちはあべです。

今回はマイホームの外構工事費用を公開します。

予算は50万。

最終的に支払った金額は55万7700円でした。

【外構】50万の予算で駐車場2台分完成【我が家が35万円節約した方法】

ハウスメーカー(工務店)と外構業者2社の計3社に見積依頼しました。

ハウスメーカーがの外構工事費用の見積もりは90万ちょっと、外構業者1社が77万、私が実際依頼した会社が55万でした。

こんなに差額が出るとは思わなかったので驚き。

複数社に見積もりをとってよかったです。

参考までにもう1社の見積もりも紹介していおきます。


91万円の見積もりですが、実はこの見積もりに入っていた南側フェンスはハウスメーカーと相談した際に不要との結論に達していました。(ハウスメーカーの90万はフェンスを除いた金額ということです)

つまりここから12万円ほど引いた額がハウスメーカーと比較できる外構工事費用の見積もり額です

総額77万円となりました。

これでも結構やすくなった。

しかもこのように外構パースも添付してくれました。

応対もしっかりしていて信頼できそうな業者さんでした。


この業者さんもよかったのですがよりやすかったもう1社に依頼しました。

一番安い業者さんから色々とアドバイスをもらったのでこのブログでシェアしますね。

【マイホームの外構工事】費用50万を実現したコツ【ブログで大公開】

マイホームの外構工事面積

50万ちょっとでどのくらい外構工事ができるか疑問ですよね。

そこでまずは客観的に面積を公開しましょう。

外構工事範囲
  • 砂利 26㎡
  • フェンス 8m
  • コンクリート舗装50㎡

敷地南側と西側はコンクリートで駐車場にしました。

北側は砂利&フェンス。

東側は砂利のみ。

これらで55万円です。

マイホームは高基礎仕様で敷地を土盛りしました。

その関係で「東側のフェンス&玄関アプローチ(ブロック階段+手すり)」は工務店に依頼しました。

ではかかった費用の内訳を公開します。

外構工事費用

コンクリート舗装総額が439000円です。

フェンスとか砂利部分が118700円です。

外構工事完成の様子

では実際の仕上がりを紹介します。

外構予算50万の駐車場1

こちらが南側の駐車場部分です。

 


こちらが西側部分です。階段は今回紹介する費用には含まれていません。

50万の外構駐車場西側完成


左側に見える砂利とフェンスが今回50万強で実現した外構工事の範囲になります。

では次に外構工事費用を安くするために業者さんからもらったアドバイスをシェアします。

外構工事費用を節約できた訳

外構工事費用を安くするためにこんな工夫を提案してもらいました。

境界面ブロックをなくした

外構予算50万の駐車場工事の様子


写真向かって右側に水色の素材が見えます。

見積りが高かった外構業者さんはここをブロック仕上げにしてくれていました。

確かに見栄えはいいですよね。

しかし担当してくれた外構業者さんは金額を圧縮するためにこの案を提示してくれました。

隣家が塀を壊してもこちらの塀がなければ向こう側がまた作ることになります。

だからあえて自分で塀を作らない方がコスト削減になります。

残土処分費を圧縮した

コンクリートをうつ際は先ほどの写真のように地面を掘る必要があります。

するとその残土を処分する費用がかかります。

できるだけそれを処分せず写真奥の傾斜部分の土盛りに流用するようアドバイスをもらいました。

これによって費用が削減できました。

フェンスの距離を短く

フェンスの距離を短くしました。

50万の外構駐車場西側部分


この部分も駐車場に使っています。

見積りが高かった外構業者は写真緑位置までフェンスを設ける案でした。

依頼した業者さんは車を止める際邪魔になるだろうとのことで実際は左に見えるブロック位置でフェンスを止めました。

実際ここまでフェンスを伸ばさなくて正解でした。

「防草シート」を支給した

これは私が支給しました。

防草シートはホームセンターにいくと販売されています。

それを予め購入しておき砂利敷きする人は外構業者さんへ支給することをおすすめします。

防草シートを敷くと雑草が生えにくいです。

雑草が生えても抜きやすいので5分程度で草取り完了でした。

生えても根が浅くなるのでとても抜きやすいですよ。

こんなやつです。↓

固定ピン付きがいいですよ。

砂利敷きの様子がコチラです。

50万の外構砂利部分


一段上がった部分の砂利+防草シートも今回の外構範囲です。

低い位置はコンクリートにしました。

※ここで見えるフェンス&土留めは、工務店に依頼した箇所。今回の見積り対象外です。

予算50万強の外構工事業者の探し方

私は知っている外構業者がいなかったので一括で複数の外構業者に依頼できるサイトを使いました。

外構お庭のプランニング

こちらのサイトです。

利用は簡単で地域を選択すると複数の外構業者がリストアップされる仕組みです。

その中から気になる業者を私は2社ピックアップして見積もりを依頼しました。

翌日に電話連絡をもらったので応対は早かったです。

あとは担当者さんと日程を調整して実際に現地を見てもらいました。

現地確認後確か2日以内にはメールで見積もりをもらったはずです

現地確認の際「砂利の見本」等も持って来て下さったのでイメージしやすかったですね。

細かい測量などは立ち会う時間が無かったので勝手に図ってもらいました。

結果的に1社はメールでお断りした訳ですがしつこい連絡もなかったです。

現地に来てもらいましたが見積もりは無料でした。

\【無料】外構の見積もりを複数社に依頼可能/

 

外構工事の失敗はタイミング

値段は安く抑えられましたが失敗もあります。

外構の見積もりタイミングです。

駐車場工事の場合コンクリートを打ってから2週間も車を止めておけないんです。

駐車場工事自体は1週間くらいで終わりますが、そこからコンクリートがしっかり固まり車が乗り入れ可能になるまで合計2週間弱(たしか合計10日くらい?!)かかりました。

この間車をとめておけないので保育所の送迎が大変でした・・・。

時期が迫ると「プランニング」に時間が避けませんし複数社に見積もりを取る時間的余裕もなくなります。

外構の見積もりタイミングをまとめたので参考にして下さい。


「新築の足場が取れたか」を目安にすると分かりやすいです。

建物表題登記は「足場が取れたタイミング」かそれより1週間前くらいに手続きに動き出します。

我が家は駐車場だけだったので短期間で済みましたがそれでも完成するまでは不便でした。

外構工事の後悔

後悔したことも一つあります。

駐車場の傾斜です。

結構きつくなってしまいました。

傾斜について深く検討せず答えをだしてしまったからです。

業者さんは縄を張って傾斜の確認もしてくれました。

「このくらい大丈夫だろう」と軽いノリでOKを出してしまいました。

 

私がマイホームで唯一後悔しているポイントが駐車場の傾斜なんです。

この記事を参考に後悔しない外構作りを行ってくださいね!

\30万以上圧縮できた見積もり一括依頼サービス/

無料見積もり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA