【マイホームの外構工事】費用50万の内訳をブログで公開【後悔した点あり】

こんにちはアベです。

家づくりに迷っている女性
外構工事の見積もりをハウスメーカーに依頼したんだけど思っていたより高すぎて。予算は50万円くらいを考えていたんだけど。同じくらいの予算で外構工事した人の詳しい情報が知りたいわ

私も外構工事の予算は50万円でした。

ハウスメーカーの見積もりは90万ちょっと。

で、我が家の最終的な支払額は55万強でした。

少し予算オーバーしたもののかなり安くなったので大満足です。

お陰で浮いたお金で買い替える予定の無い家電まで一新できました。

我が家の外構を紹介していきましょう。




【マイホームの外構工事】費用50万の内訳をブログで公開【後悔した点あり】

外構工事費用50万円でどこまでできる?範囲と費用を公開

まずどのくらいの範囲を依頼したのか紹介しますね。

50万で依頼した外構工事の範囲

上の図内、灰色部分はコンクリート仕上げです。

茶色部分は砂利に、北側の緑線部分はフェンスを依頼しました。

赤線のアプローチと東側フェンスは工務店に依頼です。

アベ
マイホームは高基礎で玄関アプローチ完成が遅くなると家に入るのが大変なので工務店に依頼しました。東側は土留めの擁壁を設置したのでそれにフェンスを一緒に設置してもらいました。

それぞれの範囲を数値に表すとこんな感じ。

外構工事範囲
  • 砂利 26㎡
  • フェンス 8m
  • コンクリート舗装50㎡

では費用の内訳です。

【外構】50万の予算で駐車場2台分完成【我が家が35万円節約した方法】

外構工事にかかった費用55万の内訳

コンクリート舗装総額が439000円です。

フェンスと砂利部分が118700円です。

この通り55万円強で外構を完成させることができました。

外構専門業者さんの見積もりを見るとハウスメーカーの外構工事って結構高いですよね。

ハウスメーカーに依頼しちゃうと中間マージンが発生する(下請けにお願いする)からしようがないですね。

家づくり終盤になると面倒になって外構はハウスメーカーでいいやと思いがちですけど、外構業者に見積依頼するだけで最低10万円以上は削減可能だと思うので損したくない方は複数社に見積もりは必須ですよ。

では実際完成した外構の様子と外構費用を安くするためにしたことをまとめました。

外構工事完成の様子

実際の仕上がりを紹介します。

外構予算50万の駐車場1

こちらが南側の駐車場部分です。

画面奥のエアコンの土台になっている色が少し違う部分が犬走です。

奥の立ち上がりが工務店が設置した擁壁&フェンス。


こちらが西側部分のコンクリート(駐車場として使っている)部分です。階段は55万には含まれていません。

50万の外構駐車場西側完成


左側に見える砂利とフェンス(フェンスの基礎になるブロック含む)が今回50万強で実現した外構工事の範囲になります。

外構工事の予算50万に近づけるために行った工夫は2つ

すでにフェンスがある境界面はブロックにせず

外構予算50万の駐車場工事の様子


写真向かって右側に水色の素材が見えます。

見積りが高かった外構業者さんはここをブロック仕上げにしてくれていました。

確かに見栄えはいいですよね。

しかし担当してくれた外構業者さんは金額を圧縮するためにこの案を提示してくれました。

隣家が塀を壊してもこちらの塀がなければ向こう側がまた作ることになります。

さらにあえて塀を作ると敷地も狭くなります。あえて自分で塀を作らずコストを削減しました。

残土を有効活用してもらった

コンクリートを打つ時は先ほどの写真のように地面を掘る必要があります。

するとその残土を処分する費用がかかります。

できるだけそれを処分せず写真奥の傾斜部分の土盛りに流用するよう依頼しました。

これによって費用が削減できました。

フェンスの距離を必要最小限にした

フェンスの距離を必要最小限にしました。

50万の外構駐車場西側部分


この部分を軽自動車の駐車場にしています。

見積りが高かった外構業者は写真の緑線位置までフェンスを設ける案でした。

依頼した業者さんは車を止める際邪魔になるだろうとのことで実際は左に見えるブロック位置でフェンスを止めました。

アベ
妻が駐車していますがフェンスをここまで伸ばさなくてよかったとのこと。切り返しする時も楽みたいです

「防草シート」を支給した

雑草が生えないように砂利の下に防草シートを支給しました。

防草シートはホームセンターにいくと販売されています。

それを予め購入しておき砂利敷きする人は外構業者さんへ支給することをおすすめします。

防草シートを敷くと雑草が生えにくくなり根も浅くなります。

雑草が生えても抜きやすいので今年の夏は5分もかからず草取り終了でした。

固定ピン付きの方が使い勝手がいいです。

砂利敷きの様子がコチラです。

50万の外構砂利部分


一段上がった部分の砂利+防草シートが今回の外構範囲です。

低い位置はコンクリートにしました。

外構工事で後悔したこと2点

外構に着手するタイミングが遅すぎた

駐車場工事の場合コンクリートを打ってから2週間も車を止めておけないんです!

駐車場工事自体は1週間くらいで終わるのですが、そこからコンクリートがしっかり固まり車が乗り入れ可能になるまで合計2週間弱(たしか合計10日くらい)かかりました。

この間車をとめておけないので保育所の送迎が大変でした・・・。

時期が迫ったことで「プランニング」もおざなりにとなり後悔しました。

アベ
今振り返ると足場が取れる前に着手すればよかったです。

駐車場の傾斜に後悔

ばたばた外構工事に着手したために駐車場の傾斜が急になってしまいました。

タイヤ交換がかなり大変。

家でタイヤ交換する人は傾斜をよく相談しないと後悔します。

アベ
業者さんは縄を張って傾斜の確認もしてくれたのですが良く検討せずOKしてしまいました。これが大後悔

まとめ:外構工事50万でできる範囲→1つのゾーンに絞った施工例が多い

我が家のように駐車スペースのみ等あれば50万円前後でも外構工事は可能だと思います。

ただしおしゃれなお庭でガーデニングも楽しみたいという場合などは広さにもよるのでしょうが難しいかも知れませんね。

いったいいくらあれば理想の外構ができるんだろう?そんな疑問がある方は、外構工事を全国展開しているガーデンプラスさんの施工事例が参考になりますよ。

ガーデンプラスによると50万でできる外構範囲は以下のように説明されています。


我が家のケースも似たような感じですね。

ガーデンプラスは施工事例が1万件以上あって「50万以下」「50万~100万」「100万~150万」と予算に応じて施工事例が検索できるのでとても便利です。

ガーデンプラスの特徴
  1. 国産二大メーカーの正規品のエクステリアが最大割引率63%と安く提供している
  2. 施工コンテストの受賞実績多数のプロのデザイナーが在籍するデザインセンターを設置
  3. 厳しい審査をクリアした経験豊富で信頼のおけるサービス店が施工(全国558拠点)
  4. 長期10年保証あり

公式サイトの特徴をまとめるとこんな感じでした。

目前に引っ越しが迫ると我が家のようにプランニングもおざなりになりますよね。

まずはどのくらいの予算をかければ理想の外構が作れるのか確認してみるといいかも知れませんね。

50万円以下の豊富な施工事例は【公式サイト】お庭・外構工事のプラン・お見積り全国無料!10年保証付き【ガーデンプラス】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA