【ブログで教える】マイホームを依頼する工務店の選び方講座

こんにちは阿部です。

ひよっこ
工務店を選びかねているんだ・・・。みんな何を基準に選んでいるんだろう。どんな点を重視して選べばいいか基準が知りたいな。

マイホームに求める条件は人それぞれですよね。

例えば

  1. 輸入住宅でおしゃれでかわいいお家がいい

なんて女性もいるかも知れません。私がマイホームに求めたのは

  1. 夏涼しく冬暖かい
  2. 地震に強いこと

でした。

デザインより性能を重視しました。

人それぞれだと思いますが「工務店&ハウスメーカー選び」の一つの比較基準として参考になれば幸いです。

この記事の内容

夏涼しく冬暖かい家の条件

地震に強い家の条件

【ブログ講座】夏涼しく冬暖かいマイホームを建ててくれる工務店選び

夏涼しく冬暖かいマイホームの条件は「高気密・高断熱」

たくさん資料請求していくうちに「夏涼しく冬暖かい」マイホームの条件が分かりました。

「高気密・高断熱」です。

もちろんそれ以外にも風通しの良い間取りなども重要ですがここではお家の性能の話です。

【高気密・高断熱】なマイホームはお財布にも優しい

ひよっこ
高気密・高断熱だと何がいいの?
阿部
光熱費を節約できる上に冬は「ポカポカ」夏は「涼しく快適」なお家になるよ。壁内結露しないから知らず知らずのうちに壁内がカビでびっしりなんてことも無い。
ひよっこ
どういうこと?
阿部
下の図を見て。向かって右側がお家の中だと思ってね。

断熱で壁内結露しない仕組み

阿部
高気密なお家は、内部の水蒸気(お家の中で発生した水蒸気)が外の冷たい空気に触れない仕組みなんだ。
ひよっこ
なるほど、温かい水蒸気が外の冷気と触れ合うと結露しちゃうもんね。
阿部
そういうこと。断熱材とか土台周りで結露水が発生しちゃうと、カビになっちゃうし、木も腐っちゃうんだよ。

健康面でも快適な家になります。

高気密に処理されたお家は「隙間が少ない」お家だから冷暖房効率が良いです。

高断熱だと「家の中の温度を一定に保ちやすい」から、光熱費を抑えながら「夏涼しく冬暖かい」快適な住空間が実現できます。

高断熱のメリット

断熱性能が高いお家は、エアコンで冷暖房を利用した時

  • 暖めた空気が、冷めにくい
  • 冷やした空気が、温まりにくい

というメリットがあります。

一度エアコンを始動して快適な温度になれば、高断熱住宅は一定の温度に保つのが容易です。

つまり、エアコンの光熱費節約になりますね。

阿部
断熱性能が高いお家は「魔法瓶」みたいなものだね!

エアコンの位置にも気を配れば光熱費を抑えながらお家の中の温度差を少なくすることができます。

お家の中の温度差が大きいと、体への負担が大きくなります。

なお以下の記事で紹介していますが特に脱衣場・お風呂場でのヒートショックは深刻な問題です。

ヒートショックで死亡する人は「平成23年以降」交通事故を上回っていますので脱衣場、お風呂場の断熱は超重要です。

詳細は以下の記事にまとめてあります。

高気密のメリット

高断熱の家は「魔法瓶」のような家でしたね。

言い換えると「隙間が少ないお家」ということ。

お家がいくら魔法瓶のように断熱材に包まれていても「ふたが空けっぱなし」だと熱が逃げますよね。

つまり、冬暖かく夏涼しい快適なお家にするには「施工」がとても重要です。

隙間が多いお家は、冷たい外気と暖かいお家の空気が壁内で触れることで結露します。

結露が断熱材を腐らせたり、柱や土台を腐らせることが社会問題にもなりました。

阿部
高断熱を比較する指標としてQ値・UA値があります。高気密を比較する指標としてC値があります。

これらを工務店・ハウスメーカー選びの比較基準にすれば夏涼しく冬暖かい家を建ててくれるかどうか判断する際の手助けとなります。

Q値・UA値・C値や断熱材の種類などはこちらにまとめています。

【マイホーム】C値&UA値に力を入れている工務店を選びました!

ブログで解説【マイホーム】工務店選びの基準は「C値&UA値」の理由

2021年3月20日

【マイホームの断熱材】どんな種類がある?特徴は?施工の様子も紹介

【マイホームの断熱材】種類&特徴【施工の様子ブログで公開】

2021年3月31日

【ブログ講座】地震に強いマイホームを建ててくれる工務店選び

地震に強いマイホームの条件は「耐震性」

地震に強いマイホームを建てたい!という場合は「耐震等級」を一つの目安にすることをおすすめします。

耐震等級とは以下のように定義されます。

  • 耐震等級1

極めて希に(数百年に一度程度・震度6から7程度)発生する地震力に対し倒壊しない。

希に(数十年に一度程度・震度5程度)発生する地震力に対し損傷しない。

  • 耐震等級2

等級1で耐えられる地震力の1.25倍の力に対して損傷を生じない。

阿部
主に学校や病院などの耐震性能が耐震等級2
  • 耐震等級3

等級1で耐えられる地震力の1.5倍の力に対して損傷を生じない。

ひよっこ
耐震等級3の等級1の1.5倍の力に対して損傷しないってどのくらい丈夫なんだろう?
阿部
耐震等級3は主に警察署や消防署など防災拠点に採用されているんだよ。

パンフレット等を見ると「耐震等級3相当」といった表現がされている場合もありますね。

これは認定を受けているかどうかの違いです。

より詳細はこちらの記事にまとめています。

【abeん家のマイホームブログ】安全性重視の工務店&ハウスメーカー選び

工務店でマイホームを建てたブログ管理人が考える信頼できる工務店の特徴

これまではマイホームの性能を基準に比較してきました。

ですがいくらパッケージ(性能値)がよくても実際作る人が手抜きをしたら意味がありません。

また担当者に要望が伝わらず期待通りに仕上がらないことも起こりえること。

そこで一番大事なのは「信頼できる担当者」であるかだと私は思います。

担当者を信頼性できるか

ここまではスペック重視でまとめました。

しかし工務店選びの決定打は営業担当者の信頼性に尽きます。

まず打ち合わせをしていて相性が合うかどうかが大事です。

信頼できる営業担当者の条件
  1. 言ったことを受け入れてくれる(実現可否は別)
  2. 無理なことは無理と教えてくれる=安請け合いしない
  3. 約束を守る
  4. 応対が早い

こんな点を決め手に考えるといいかも知れません。

  • 言ったことを受け入れてくれる

実現の可否は別として建築主の希望を受け入れてよう努めてくれるかは重要です。

なぜなら「顧客志向」であるかどうか判断できるからです。

信用できないパターン

「予算が××万円なんですよ。」

「お客さんの年収なら××万円までいけますよ!大丈夫です!」

こういうことをやすやすという言うような営業担当者は却下ですね。

我が家の設計士さんは私が考えたクローゼットの寸法などを嫌な顔をせず取り入れてくれたり、コスト削減・思い出作りのために色々な提案もしてくれました。

私が考えた間取りをベースに調整してくれたので家族皆が満足できるお家に仕上がりました。

あなたやご家族の希望・気持ちに寄り添う姿勢があるかどうかが大事です。

  • 無理なことは無理と言ってくれる

無理なことは無理と提案してくれるのは「プロ意識」の裏返しです。

あなたのマイホームが成功するためにプロの視点で「こうすべきでない」という提案も時に必要です。

  • 屋根をガルバリウム鋼板にしたら雨音がうるさくて眠れない
  • 中庭に雨がたまって落ち着いて外出できない

こんな事例もあるんです。

「建築主の希望通りにすればクレームにならないからいいや」という姿勢で仕事をしているような営業担当者は要注意です。

阿部
我が家は当初シューズクロークを作る予定でした。しかし通路幅が狭くて使い勝手が悪いですよとアドバイスをもらいやめました。素人では実感がわかない点などはプロに相談してみましょう!
  • 約束を守らない人物は要注意

当たり前ですが約束を守らない人は信用できません。

打ち合わせ段階から約束を守らない人に家を任せることなどできるはずがありませんよね。

そんな人に家を任せたら、建築中トラブルが発生することが目に見えています。

言ったことをやらない人も要注意ですね。

実際にあったトラブル

私が依頼しなかったあるハウスメーカーでの出来事です。

我が家は水道関係が複雑で悩んでいました。

素人なので手の付け方すら分かりませんでした。

当該ハウスメーカーに初めて行った時相談したところ「次回まで調べておきます!任せてください」というお話でした。

次回のアポまで取り帰宅しました。

ところが次回わざわざ展示場にうかがうと「何ですか?聞いてません」という返答。

わざわざ展示場に行った意味すらなくなりました。

速攻で候補から除外したのは言うまでもありません。

  • 応対が早い

ルーズな人ほどレスポンスも悪い傾向にあると思います。

家づくりにおいてすぐに連絡をとりたい場面ってたまにあります。

例えば

  • 建築現場で打ち合わせとの相違があり確認したい
  • 銀行に提出する書類があるから相談したい

など。

レスポンスが遅すぎるのは考えものです。

工務店は安いけど失敗しないか?

ローコスト住宅や工務店はハウスメーカーに比べると安いです。

安いと失敗しないか不安になる気持ちも分かります。

坪単価がこれほど違う理由の1つは広告宣伝費があります。

実際に工務店を回って感じたのは以下のとおりです。

工務店の経費削減努力
  • 展示場に出店しない替わりに、自社で建築したオーナーさんの家で完成見学会を行う
  • 社長の家をお客様に見せている
  • 建築資材を標準化して材料の無駄を省いている
  • パンフレットなどを簡素化し経費を削減している

一方大手ハウスメーカーは

  • 展示場に出店
  • 販売促進用のノベルティグッズが豪華(お土産でもらえる)
  • パンフレットも豪華
  • テレビCM
  • イベント開催&ご招待

など多額のお金をかけています。

これらのコストを回収するために価格は高くなりがち。

またブランドに信頼感・安心感があるため、高めの値段設定がなされているのでしょう。

阿部
価格が安い=低品質とはいいきれないですね
心配なら

工務店は自社の展示場を持っていない場合も多いです。

もし不安なら現在建築中の現場を見せてもうのもありです。

大手ハウスメーカーなら安心とは限らない

大手ハウスメーカーに建築依頼したとき実際に建築するのは誰でしょうか?

自社大工を抱えている大手ハウスメーカー以外は下請けに流します。

マイホーム建築を依頼した工務店も某大手ハウスメーカーの下請けの仕事もしているとのこと。

結局大手ハウスメーカーの建物も施工するのは地元工務店という場合もあるのです。

阿部
大手ハウスメーカーだから安心という思い込みはむしろ危険です。

工務店に依頼して後悔したことは?

私は仙台(東松島市)の花坂ハウス工業という工務店に依頼しました。

正直仕上がりには大満足で後悔もありません。

施工も丁寧で近隣住宅への配慮も申し分ありませんでした。

しいて言うなら、住宅設備のランクが標準仕様では中程度です。

私は「安全性&快適性が高い家=良いお家」だと考えるので住設のグレードが低い点は気になりません。

追加でグレードアップすれば良いだけです。

後悔しない工務店&ハスメーカー選びの参考になれば嬉しいです。

家づくりの全てが分かるブログ記事を集めました

【abeん家のマイホームブログまとめ】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA