住宅の資料請求をする前に知っておきたい注意点

こんにちはアベです。

家づくりに迷っている女性
いよいよ夢のマイホーム計画スタート!資料請求しようと思うんだけど注意することがあれば知りたいな

こんな疑問にお答えしましょう。




住宅の資料請求をする前に知っておきたい注意点

住宅の資料請求方法は3つある

住宅の資料を集める方法は主に3つあります。

住宅の資料請求方法
  1. 展示場に行ってもらう
  2. 希望するハウスメーカーに依頼する
  3. 一括資料請求サイトで依頼する

展示場に行って資料をもらう

資料請求とはちょっと異なりますが「展示場」に行って資料をもらうことが可能です。

建てたいハウスメーカーを絞り込めているなら展示場に行った方が話が早いでしょう。

一方ハウスメーカー&工務店が全く絞り込まれていない状態で展示場に行くのはお勧めしません。

時間がかかりすぎるからです。

展示場巡りは楽しいので冷やかしでいっても全然OKですが1社に1時間くらいかかるのである程度絞り込まれた段階で行くことをおすすめします。

展示場の歩き方については【住宅展示場はひやかし程度でもOK】たくさん見て大正解【子連れで満喫するコツあり】

希望するハウスメーカー毎に住宅資料を請求する

希望するハウスメーカーが3社程度に絞り込めているなら各社ホームページから依頼するのが手っ取り早いでしょう。

展示場に行く前に住宅資料を請求し疑問点などを洗いだしておきましょう。

事前知識をある程度つけた上で展示場に行くと商談もスムーズです。

住宅資料を見てなんか魅力に欠けるな…なんて場合でもパスしやすいので展示場に直接行く前に資料請求を済ませましょう。

住宅カタログの一括資料請求サービスを利用する

ハウスメーカー&工務店はこれから決めるという方は色々な会社の住宅資料を取り寄せて比較検討したいですよね。

私も一生に一度のマイホーム。絶対失敗したくなかったので片っ端から資料を取り寄せました。

一社毎に必要事項を入力するのはかなり面倒なので一括資料請求サービスを利用しました。

住宅資料の一括資料請求サービスで有名なのは「suumo」「タウンライフ家づくり」「LIFULL HOME’S」などです。

個別のハウスメーカーに住宅資料を請求する際の注意点

希望するハウスメーカーに住宅資料を請求する際は「手の内を明かし過ぎないこと」に注意しましょう。

例えば私の体験談から言うと、土地があると伝えると成約率が高いお客と思われるのか積極的に営業をかけられます。

また「御社以外考えていない」と伝えると値引きしなくても成約させられると思われるかも知れません。

逆に言えば「他社になびかないなら大事にしよう」と考える営業さんもいるかも知れません。

ケースバイケースですが担当者がどんな人か見極められるまでは手の内は明かし過ぎずぼかして答える方がいいでしょう。

一括資料請求サービスで住宅カタログを取り寄せる際の注意点

電話営業や突然の訪問営業に注意する

suumoを利用した方の体験談や口コミによくみられるのですが「悪質な業者」にあたると資料を送る前に電話連絡や訪問営業を受けるケースが多々見受けられます。

suumoは情報量が多いというメリットはあるのですが、それ故に「ユーザーの気持ちを考えない業者」も中には存在するので注意しましょう。

資料請求時に「訪問営業・電話営業はご遠慮ください」とくぎを刺すと少しは避けられるかも知れいません。

suumoについてはsuumoの資料請求を利用して感じたデメリットと回避する方法で詳しく解説しています。

提携加盟店数が異なる

住宅カタログの一括資料請求サービスで有名な3社の掲載ハウスメーカー&工務店数は以下の通りです。

  1. LIFULL HOME’S ⇒ 737社
  2. タウンライフ家づくり ⇒ 870社以上
  3. suumoは加盟店数非公開でした(利用した実感から十分な情報量)

※2022年8月調べ(LIFULL HOME’Sは私が実際に数えました。タウンライフ家づくりは公式ページ公開の数字です)

この通り利用するサービスによって資料請求できるハウスメーカー&工務店数は異なってきます。

大手ハウスメーカーで家を建てたい方はどのサービスを利用してもほぼカバーできるはずですから大差ないでしょう。

ローコスト系&工務店も視野に入れている方お住まいの地域でどのサービスが一番情報が充実しているか比較してみるといいかも知れません。

あべ
私の住んでいる地域の結果からみると「工務店・ローコスト系」はsuumo・LIFULL HOME’Sが充実している印象でした

一括資料請求サービスは地元密着の工務店情報を収集できない可能性あり

LIFULL HOME’S・タウンライフ家づくり・suumoこれら3つのサービスを利用しれば有名なハウスメーカーはほぼカバーできる印象ですが、これらのサービスを利用しても拾えない優良な地元密着の工務店も実は存在します。

私は一括資料請求サービスに加えて地元で発行されているような住宅情報雑誌も購入しました。

ローコスト系ハウスメーカーと工務店は価格的にも競合するので気になる会社のカタログをとことん収集して住宅性能(スペック)を比較検討してみるといいですよ。

どのサービスを利用するかで特典が異なる

大手ハウスメーカーについてはどの一括資料請求サービスを利用しても大差ないので、どうせなら特典がある方がいいですよね。

suumoから資料請求しても特典はないのですがタウンライフ家づくり・LIFELHOMESから資料請求すると無料特典があります。

一括資料請求サイトの利用特典
  1. タウンライフ家づくり ⇒ オリジナルの間取りプラン・資金計画書がもらえる(ハウスメーカーによって対応は異なります)
  2. LIFULL HOME’S ⇒ 家づくりノートをダウンロードできる

※ただしタウンライフ家づくりの間取りプラン・資金計画書については対応するハウスメーカーによって異なるので全ての会社からもらえる訳ではありませんでした。

あべ
私は住友不動産販売でオリジナルの間取りプランをもらいましたよ

詳細は【一括資料請求サイト】タウンライフ家づくり【忖度一切なし・利用体験談】

まとめ:住宅資料請求時の注意点

住宅の資料を請求する前の注意点は6つです。

  1. 展示場に行く前に資料請求した方が効率的です
  2. すでに資料請求したいハウスメーカー&工務店が3社程度に絞り込まれているなら直接利用請求してもok
  3. ハウスメーカー&工務店が絞り込めていない・分からない場合は一括資料請求サービスが便利
  4. 一括資料請求サービス大手suumoは加盟店数が多いものの資料を送ってくる前に電話・訪問してくる面倒な業者もいる
  5. 一括資料請求サービスは利用するサービスによって特典が異なる
  6. 一括資料請求サービスを利用しても発掘できない工務店があるのでローコスト系を狙うなら地元住宅情報誌も購入して情報収集する

家づくりって誰に建ててもらうかで9割成否が決まります。

入念な情報収集で満足のいくマイホームを建ててくださいね。

\無料で間取りプラン集がもらえる&土地探しの相談も可/

 

\ ローコスト系充実の豊富な加盟店数が最大の魅力 /