【マイホームで壁掛けテレビ】ブログで推奨サイズ&位置解説

こんにちは阿部です。

テレビ大好きブロガーです(笑)

マイホームのテレビ位置にはこだわりました。

リビングは壁掛けにしました。

サイズは55インチ。

私もテレビ購入前は「サイズ・位置」心配でした。

そこでマイホーム計画中のあなたのために

  • テレビの位置や向きについて
  • テレビサイズについて
  • 壁かけ金具の選び方

をまとめました。

どれもマイホームで実際使用しているのでおすすめできる内容です。

参考にして下さい。

【マイホームで壁掛けテレビ】ブログで推奨サイズ&位置解説

まずはリビングのテレビ位置を間取り図を使って紹介します。

テレビの位置を間取り図で紹介


マイホームのLDKは16畳ほどです。

黒丸がソファーの位置です。

赤丸がテレビの位置です。

マイホームのリビングにはハイサイドウィンドウを設けましたのでその下位置に壁掛けでテレビを設置しています。

テレビの視聴距離2.4m【実例・写真あり】

LDKを広く取れない場合心配なのが視聴距離です。

マイホームのソファからテレビまでの視聴距離は2.4mです。

選んだテレビのサイズは55インチ。

実際の写真がコチラです。

リビングからのテレビ


思ったより大きくないですよね?

店頭で見るとかなり大きく感じましたが、実際は問題なし。

むしろもう1サイズ大きくても大丈夫なくらいです。

次にキッチン側からの写真をどうぞ。

キッチンからのテレビ

こちら側からもちょうどいい感じです。

壁掛け金具を首振りタイプにしたので角度を変えることで「リビング・ダイニング・キッチン」どこからでも視聴が可能です。

マイホームのテレビ位置のポイント「外光の写り込みを避ける」

テレビの位置で一番の失敗は外光が写り込み見えないこと。

壁掛けテレビの場合金具を壁に取り付けるため後から移動が困難です。

壁掛け金具を取り付ける前に充分にリサーチしましょう。

外光の写り込みを避ける最適な位置を考える

窓とテレビの位置って大事ですよね。

当初はテレビ配置を

  • 西側(今のソファー位置)
  • 東側(現在位置)

で迷っていました。

東側は採光を考えてハイサイドウィンドウに。

そこでその下スペースの有効活用のために壁掛け金具を使いテレビを設置することにしました。

テレビ位置の鉄則

当初からダイニングやキッチンからもテレビが見える位置を考えていました。

マイホームの間取りは南側に吐き出し窓があるため南位置にテレビは無理。

仮に設置可能でも外光に向かって座るため眩しいからNGです。

次に考えたのは窓と対面する位置にテレビを置くこと。

我が家の間取りだとキッチン側にテレビを置くことになります。

これもスペース上無理。

しかも窓と対面する位置にテレビを置くと外光がテレビに差し込みやすくなるのでこの点からもNG。

景色も映りこみやすい状態ですね。

理想的なのは窓に対して90度の位置にテレビを置くこと

こうなると東側か西側、南東、西南のコーナーに絞られてきます。

南東コーナーにおけば、どこにいてもテレビが見えます。

ただしテレビをコーナー位置にするとデットスペースが生まれるし、ホコリもたまりやすい。

そこでスペースを活かすことも考えて東側に壁掛けすることにしました。

ただし首振りしない場合キッチン・ダイニング側から見えないのが不満でした。

壁掛けテレビの注意点

事前に相談しておくこと

テレビを壁掛けにする場合は予めハウスメーカーや工務店の担当者に話を通しておくことが必要です。

テレビの重さはもちろんですが壁掛け金具も結構な重量です。

テレビを壁掛けにした時に落下しないような「下地処理(壁)」が必要です。

事前にテレビ位置を決めておいて相談しましょう。

壁掛け金具の高さに注意

壁に穴を開けるわけですからやり直しは避けたいですよね。

そこで壁掛け金具の取り付け位置(高さ)も確認しておきましょう。

ソファーを購入する方はソファーに座った際の目線の高さを事前に把握しておきましょう。

理想、最適とされるのは、テレビの中心を見たときに少し目線が低くなる高さと言われています。

ビエラ 画面サイズの選び方

マイホームの壁掛け金具の位置はこれを参考にしました。

阿部
マイホームの場合ソファーを購入後実際に座ってみて画面の中心が目線より少し下になる高さで決定しました。工務店の方が引渡後に壁掛け金具を取り付けてくれました!

55インチテレビ対応壁掛け金具のおすすめ

マイホームで実際に購入した壁掛け金具がコチラ。

唯一不満であった「リビング・ダイニング」からでも視聴が可能な首振りタイプでこれを選びました。

緊急地震速報対応の地震に何度か遭遇している宮城ですがまったく問題なし。

丈夫な金具です。

アマゾンで購入しました。

壁掛けテレビ用金具の箱サイズ


メジャーで示している長さ46cm横幅26.5cm厚みが16cmほどの箱で送られてきました。

壁掛けテレビ用金具内箱のサイズ


この壁掛け金具の特徴は37インチから70インチまでの大型テレビが設置可能なことです。耐荷重も60kg。もった感じの重量もかなりずっしりです。

壁掛け金具の組立


必要なレンチなども付属しているので購入すればすぐ組立られます。ただし説明書が海外向けのものを訳したのか少し分かりにくいです。

壁掛け金具の組立方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなL字型レンチで組み立てます。かなり重量があるので手など挟まないよう注意して組み立てましょう。

壁掛け金具のアーム


この立ち上がり部分で前後&左右&上下多角度調節可能なんです。

左右で60度首振りが可能ですし、上下でも10度角度調整可能の優れもの。

これによってキッチンやダイニングからもテレビが見えたんです。

間取り図でイメージするとこんな感じ。

壁掛け金具の間取り
壁掛け金具の拡張部品


肝心の壁への取り付けですが上記アタッチメントを取り付けることで16・18・24の木間柱で対応が可能です。

しかも1年の品質保証付き。

作りもかなり頑丈で「鉄の塊」って感じです。壁への金具取り付けは1人では無理ですのでハウスメーカーや工務店に依頼しましょう。


テレビインチの選び方

先ほど紹介したテレビ写真で55インチでもさほど大きくないことが実感できた思います。

参考までに一般的な4Kテレビの視聴距離を調べました。

4Kは画像が綺麗だから近づいても違和感が無いです。

・距離は「画面の高さ」が基準
・4Kの場合 画面の高さ×約1.5倍
・フルハイビジョンの場合 画面の高さ×約3倍
・視聴距離が短いほど視野角が拡がり、迫力の映像が楽しめる

ビエラ 画面サイズの選び方

例えば

  • 49インチの場合、画面の高さは69.4cmだから、最適な視聴距離は104.1cm(69.4×1.5)
  • 55インチの場合、画面の高さは77.0cmだから、最適な視聴距離は115.5cm
  • 65インチの場合、画面の高さは89.4cmだから。最適な視聴距離は134.1cm

ということになりますね。

視聴距離を離した方が良いイメージがありましたが離れればよいという訳ではなく最適な距離を選択するのがベストです。

実際に購入したテレビはシャープのアンドロイド4Kチューナー内蔵TV(4T-C55BL1)です。

光回線につないでいるのでユーチューブ&アンドロイドTVなのでabemaTVも視聴しています。

55インチテレビで先ほど紹介した金具(VESA基準)に適合しているので壁掛け金具も取り付けられます。


我が家が購入したテレビ。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥108,000 (2021/04/23 19:12:19時点 Amazon調べ-詳細)

テレビを選ぶ際は視野角が重要です。

視野角が狭いと斜めから見た時に画面が見えません。

壁掛け金具で60度首振り可能なのと広視野角なので、キッチン、ダイニング側から斜めに見ても画像が綺麗に見えますよ。

斜めから見る場合は視野角要注意ですよ。

マイホームの光回線【エキサイト光に決定】選んだ理由をブログで解説

2020年2月2日

マイホームの光回線【エキサイト光に決定】選んだ理由をブログで解説

【マイホーム・ブログ内覧会】リビング・ダイニング編

2020年5月13日

【マイホーム・ブログ内覧会】リビング・ダイニング編

家づくりの全てが分かるブログ記事を集めました

【abeん家のマイホームブログまとめ】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA