【マイホームにベランダは必要?】⇒思いのほか重宝している件

こんにちはあべです。

今回はマイホームのベランダを紹介します。

私はベランダを作って正解でした。

ベランダの位置を決める際に注意したことと、実際完成して感じたデメリットもお伝えします!

【マイホームにベランダは必要?】⇒思いのほか重宝しています!

屋根があった方がいいのでベランダにしました

マイホームはバルコニーではなく「ベランダ」にしました。

ベランダとバルコニーの違いは「雨よけ(屋根)」があるか無いか。

うちは共働きなので、基本部屋干しが多いです。

そのため室内に部屋干しスペースを設けました。

【部屋干しスペース】2畳&階段フロアにした理由

【部屋干しスペース】2畳&階段フロアにした理由

2018年12月14日

でもお布団は天日で干したいという希望がありました。


そこでベランダを作りました。

建築中の様子です。

構造は木材ですが床材はガルバリウム鋼板にしてくださいました。

雨が吹き込んだ時に傷まないとうにだそうです。

完成した様子がコチラです。



お気に入りのポイントはこのように長い庇をつけてもらったこと。

ご近所の方にも褒められました。あれいいね!と。


外出時雨が突然降っても大丈夫なのは結構便利です。

ベランダの広さ

ベランダは奥行91㎝幅350㎝くらいです。

かなり広々としています。

寝室に併設しているのですがエアコンの室外機をおけるのも便利です。

ベランダは雨除けになる

奥行が91㎝あるのは広くて便利ですが、実際住んで感じた最大のメリットは雨よけです。

ベランダ下が駐車場になっているのでこのように雨除けになるんです。


ちょうど乗り降りするスペースに屋根がかかった状態。

スライドドアなので家族全員右側から降りれば雨に濡れずに乗り降りが可能です。

どうせなら玄関側の庇ももう少し出してもらえばよかったです。

とはいえ大した雨でなければ傘なしで玄関ポーチまで移動できるのでとても便利です。

カーポートを設置するほどではないけど雨除けがあればなぁなんて方は便利かも知れません。

ベランダ位置の注意点

ベランダで布団を干す場合「布団の持ち運び」は出来るだけ簡単に済ませたいですよね。

そこでベランダはアクセスしやすい位置に作りました。

また子供部屋からしかアクセスできないベランダの場合将来お子さんに嫌がられることも想定されます。

ベランダの位置を決める際はこの2点に注意しました。

ベランダいらない派の気持ちも理解できる

ベランダは不要というご家庭もいらっしゃるでしょう。

例えば敷地に余裕がある場合。

  • お庭が広いから外で干せる
  • テラスを作って代替できる

こんな場合はあえてベランダにこだわる必要はないですよね。

テラスの場合ベランダを作るよりは金額的には安上がりかもしれませんし。

ただし寝室が2階の場合1階まで布団を下す必要があるので注意が必要ですね。

ベランダを作って感じたデメリット

一番のデメリットは防犯上の問題です。

夏暑い日ベランダを開けて寝ようか迷いますがやはり閉めています。

うちの場合ベランダ下が駐車場なので車を踏み台にあがってくることも考えられます。

(梯子がないと届かないのでそこまで心配するほどではありませんが)

ベランダはしゃがめば外からの目隠しになるので防犯上のリスクがあります。

ベランダへの掃き出し窓はロックが2か所ある2重サッシになっています。

担当の設計士さんが配慮してくださいました。

我が家の場合ベランダで布団を干したり、休日は外干したりしているのでベランダを作ってよかったです。

本当に必要か検討して不要なら作らないのもありかもしれませんね。