【住宅展示場はひやかし程度でもOK】たくさん見て大正解【子連れで満喫するコツあり】

こんにちはアベです。

今回は住宅展示場はひやかし程度でOKなので気楽にどんどん行きましょうというお話です。

家づくりに迷っている女性
住宅展示場はひやかし程度で行ってもいいのかな?

住宅展示場はひやかしでもOK。

私たちもたくさん歩きました。

しつこい営業をかわすコツもまとめたので参考にしてください。

 




【住宅展示場はひやかし程度でもOK】たくさん見て回り大正解【子連れで満喫するコツあり】

住宅展示場は冷やかしで行っても全く問題なかった

私たち夫婦は1年半マイホーム計画に時間を使いました。(立ち退きに時間がかかったため)

時間だけはたっぷりあったのでひやかし程度でもたくさんの住宅展示場を見て回りました。

すでに家を建築済でプレゼント目当てというならまだしも、将来家を建てたい、何年後か分からないけどマイホームが夢、そんな人なら遠慮せず行っても問題なしでしょう。

アベ
一度も嫌な顔されたことないので冷やかしだからと遠慮せずに行ってみましょう

住宅展示場の営業さんもいきなり即決するお客さんなどいないと分かっているので計画が未定でも資金のシミュレーションとか相談に乗ってくれますよ。

住宅展示場は冷やかしOKだが1か所1時間かかるので時間に余裕をもっていきましょう

ほとんどの展示場は以下の流れで見学します。

  1. アンケートを依頼される
  2. 見学する
  3. 売りを説明される&アンケートをもとにヒアリング

アンケート内容は「土地の有無」「建築予定の年」「予算」などですね。

すべて正直に答える必要はありません。

例えば「土地がある」と答えると営業マンの本気度が違ってきます。

アベ
本気で検討したいハウスメーカーなら正直に答えるのもありですし「ひやかし」ならうやむやにするのもあり

建築予定日も2年先などとしても問題なしです。

「子供が小学校入学のタイミングで考えてます」等と説明すればしつこいアプローチを受けませんし、それでも嫌な顔されることはないでしょう。

ひやかしで住宅展示場にいくなら「イベント」が狙い目

どうせ行くなら「お正月・ゴールデンウィーク・シルバーウィーク」など大型連休に行われるイベントに合わせていくと楽しいですね。

来店特典なども豊富だからです。

ただし来店特典等は「アンケートが条件」となっている場合がほとんどです。

私達家族が楽しかった展示場やイベントを紹介しましょう。

タマホームのイベント

タマホームのイベントは子連れにピッタリでした。

連休に合わせて「トミカ・プラレール博」を独自に開催したりしています。

またはじめ訪れてアンケートに答えるとクオカードがもらえたりするのでおすすめです。

アベ
息子は金色のプラレールが当たって大喜びでした

一条工務店のお土産

息子が一番喜んだのは一条工務店でもらったトミカです。

一条工務店ではトミカ以外にドライフルーツももらえました。

各種イベント

複数のハウスメーカーを一度に見学できる住宅展示場は管理会社も独自に集客イベントを行っています。

例えばスタンプラリーで3つ以上の企業を訪問すると住宅展示場の管理会社からもプレゼントがもらえたりします。

タオルやタンブラー、コースター、グラスなど様々でした。

お正月やGWなどは特別なイベントが開催されますので楽しいです。

子供向けのおもちゃが当たるクジ引きをして立派な木のおもちゃをプレゼントされたこともありました。

住宅展示場をひやかしで訪れる前の注意点

子連れも大歓迎されるが時間がかかるから注意

ほとんどの住宅展示場にはキッズコーナーが完備されています。

「子供用のお菓子&ドリンク」なども用意してくださる住宅展示場がほとんどです。

子連れだと心配になりますが親がハウスメーカーの説明を聞いている時はジュースやお菓子を食べさておけるので子連れでも心配ありません。

アベ
2~3歳だとまだ落ち着かない時期で大変ですよね。ハウスメーカーの説明を聞いている間も担当者が付いて遊ばせてくれるところも多かったのでイヤイヤ期も問題なしです

ただし注意点は「時間がかかること」。アンケートに答え説明を受けていると1社に1時間はかかるのでお子さま連れは注意が必要です。

ひやかしなら平日より混雑しやすい祝日が狙い目

住宅展示場で混雑しているのはやはり土日。

さらにGWやお正月など大型連休はさらに混雑しています。

一方平日は空いています。

ゆっくり見れるのはいいのですが営業マンも暇なのでマンツーマンで対応してくる確率が高いです。

アベ
ひやかしでとにかくさらっと見たいなら平日より混雑しやすい連休や週末をおすすめします

家を建てるならひやかしでも押さえておきたい住宅展示場見学のポイント

住宅展示場は豪華すぎる

住宅展示場は広々とした空間に立派なソファーやダイニングセットが並び、きらびやかな照明に圧倒されます。

実は住宅展示場は広く作られているところが多いのでイメージに騙されないように注意が必要です。

私が住む地域では建売住宅は延べ床32坪程度が多いです。

4LDK+和室の場合35坪前後が多いようです。

住宅展示場はこれらよりはるかに大きい50坪かつ内装も豪華絢爛に出来上がっていますのでちょっと現実離れしています。

マイホームの希望を明確にしておく

ひやかしでも家を建てる計画があるのならある程度希望を明確にしてから行くと住宅展示場をより楽しむことができます。

例えば「部屋が何部屋欲しい」「和室は必ず欲しい」といった最低限の希望があるはずですので住宅展示場に行く前に家族で話し合っておきましょう。

その上で理想のマイホーム像を作ったら実際の住宅展示場と比較してみましょう。

  • 10畳はこのくらいの広さなのか
  • 玄関はこのくらいの広さが欲しいな

と理想のイメージと比較してみると参考になりますよ。

なお35坪前後のマイホームを検討中でしたら我が家の「内覧会」が参考になります。

内覧会【まとめ】

予算をおおまかに把握しておく

マイホームの大きさを把握したら予算もおおまかに把握しておくといいです。

すると「このハウスメーカーでは無理だな」「このハウスメーカーならいけそうだな」と判断できます。

アベ
過去に御社が建てた家の見積りを参考に見せてもらえませんか?御社で建てた場合の総額を教えてもらえませんか?と聞いてみるのもありです

マイホームの総額や諸費用って良く分からないですよね。

我が家の総額を参考にしたい方は【公開】マイホームの総額&諸費用【見積りあり】

便利なアイデアを収集する

各社様々な収納アイデアだったり工夫が施されています。

例えば

  • 干し姫

洗濯物を吊るすための天井吊りの仕組み

  • キッチン奥に小さい土間スペース

野菜などをおける勝手口連結の小さな土間スペース

  • 家事スペースや、パソコンコーナー

リビングやキッチン付近の小さなコーナー

  • リビング収納とか、独自の収納アイデア

「あ!これいいねっ!」ってアイデアはメモしたり写真に取っておくとマイホームの参考になります。

  • 間取りの工夫

間取りの良いところ、特に動線が我が家の間取り作成に役立ちました。

【マイホーム】間取り・こだわり10選【ブログ必見】

キッチン形状を観察する

キッチンには

  • アイランドキッチン
  • 対面キッチン
  • 壁付けのキッチン(L字型やI型)

があります。

対面キッチンならキッチン上に吊戸棚があるのと無いのとでどのように視界が変わるかなどを観察すると好みが分かるかも。

またキッチンの手元を隠す目隠しなどちょっとした工夫にも目をこらして観察してみましょう。

キッチンに関するブログ記事【まとめ】

標準かオプションかを確認する

設備には「標準」と「オプション」があります。

住宅展示場は豪華にするためオプション多いです。

アベ
ひやかしで何社か歩いてみて実際にマイホームを依頼してみたいなぁと思える会社が絞りこめたら「標準かオプションか」たずねてみましょう

床材を見てみる

床材には大きく分けて「無垢材」と「フローリング材」があります。

希望するハウスメーカーはどちらを使っているかを見てみるのもいいと思います。

無垢材は呼吸するから伸縮しますが香りが良くて暖かく私は好きです。

実際に床材を見たり、触ったりして、どちらが好みかを検討するのもいいですよ。

営業担当者に注目

満足するマイホームを建てるには担当者がとても重要です。

誠実な営業マンでないと後々打ち合わせも大変です。

調子のいい営業マンではなく誠実な営業マンが見つかるよう色々な会社を回ってみてください。

完成見学会情報をゲットしましょう

気に入った会社があったら是非完成見学会情報をゲットしましょう。

完成見学会とは実際にその会社が建てた家を一定期間公開するものです。

展示場と違って実際に建てた家は現実感があったり実際の大工さんの仕事も見えます。

構造見学会などを開催している会社も要チェックです。